ウェブマスターツールでモバイルサイトマップが携帯ではなくウェブとして認識されてしまうのはスマートフォンが理由だった

従来型の携帯電話のためにモバイルコンテンツを提供していてモバイルサイトマップを送信していてもスマートフォンからもアクセスできるようにしておくと、Googleウェブマスターツールでは「モバイル」ではなく「ウェブ」として認識されてしまう。

スマートフォンユーザーの99%は検索エンジンを使う、23%がスマホからそのまま購入

スマートフォンユーザーの利用実態をGoogleはグローバルで調査した。調査対象には日本も含まれる。公表されたデータによるとスマホユーザーの99%は検索エンジンを使ったことがある。購入に際しては、スマートフォンで調べた情報が意思決定に影響することも分かった。

スマフォ向けSEOがやってくるか?、日本でのスマートフォン所有率は17%に上昇

スマートフォン利用に関する調査データをGoogleが公開した。調査対象国には日本も含まれる。日本でのスマートフォン所有率は17%、88%がスマートフォンでネットに毎日アクセスするなどスマートフォンの普及が進んでいることが数字の上から証明された。スマートフォン向けのサイト作りが間違いなく必要になる。

【Google公式】モバイル向けコンテンツ最適化

Googleが公式ブログでモバイルサイトの最適化について説明した。モバイルフォンの種類やデスクトップ向けとモバイル向けのコンテンツのURLを同じにすべきかどうかなど。スマートフォンを現状ではGooglebot-Mobileのユーザーエージェントに使っていないと言うが…。

▲ページの一番上に戻る