モバイルSEO

Google アシスタントにまつわる 4 つの事実――「ユーザーが使うクエリは検索で使われるクエリよりも 20 % 長い」ほか #CIcon_2020

Google アシスタントに関する興味深いデータを、Conversational Interaction Conference で、Google のエンジニアである Dan Myers(ダン・マイヤー)氏が共有した。

コアアップデートはGoogle Discoverにも影響する

コア アルゴリズム アップデートは、通常のウェブ検索だけではなく Discover にも影響することがある。また、Discover に掲載されたコンテンツがどんなトピックに分類する方法はあるのだろうか?

AMPストーリー向けSEOをGoogleがアドバイス

AMP ストーリーのための SEO を AMP 公式ブログが解説した。補足も追加して主要な点をまとめる。

AMPのCSSサイズ上限が50000バイトから75000バイトへ50%増量⬆

AMP で利用できる CSS のサイズ上限が 50,000 バイト (約 50KB) から 75,000 バイト (約 75KB) に増加した。AMP では、CSS サイズが上限値を超えるとエラーになる。

Googleモバイル検索の“List Includes”スニペットはリスト形式コンテンツの項目を表示する

リスト形式のコンテンツのページに対して、そのリストに含まれている項目を表示するスニペットをモバイル検索で Google は導入している。

モバイルファーストインデックスの技術ドキュメントをGoogleが刷新、準備編からベストプラクティス編へ

モバイル ファースト インデックス対応を説明する技術ドキュメントを Google は大幅に更新した。準備編からベストプラクティス編へと刷新している。

リッチリザルトテストでページの読み込みエラーの検証が可能に。メリットは2つ

リッチリザルト テスト ツールが、ページの読み込みに関する情報をレポートするようになった。JavaScript や CSS を正常に読み込めなかった場合、その詳細な内容をリッチリザルト テスト ツールで確認できる。

ファッションECサイトの味方になるか? 人気商品の一覧を専用ブロックでGoogleモバイル検索に掲載

さまざまなウェブサイトでオンライン販売されている衣料やアクセサリー、シューズなどファッション アイテムをまとめて検索結果に表示する機能を Google は導入した。多数の商品を 1 か所で見比べながら、気に入ったものをユーザーは検索結果で探すことができる。

Googleマップでまとめた場所リストをモバイル検索でカルーセル表示するテストをGoogleが展開中

Google マップで作成した場所のリストをモバイル検索結果にカルーセル形式で掲載するテストを Google は展開しているようだ。

AMPページと正規ページのどちらに構造化データをマークアップすべきか? ⇒ 両方で同じ構造化データが必要

AMP ページを公開する場合、正規ページと AMP ページの両方で同じ構造化データのマークアップを使用する必要がある。