Google AdWords

読み込み速度改善が売上に与える影響と競合とのスピードを比較するツールをGoogleが公開

ページの読み込み速度に関係するデータを計測するツールを Google は新たに2つ公開した。1つは Speed Scorecard(スピード スコアカード)、もう1つは Impact Calculator(インパクト カリキュレータ)。競合との比較には Speed Scorecard を、そしてスピード改善が収益に与えるインパクトには Impact Calculator を使う。

SEOに大きな痛手か?AdWords広告予算が少ないと、キーワードプランナーで月間検索ボリュームが手に入らなくなる

Googleは、キーワードプランナーで提供するデータに制限をかけた。広告費用が少ない広告主は、検索ボリュームの詳細なデータが手に入らなくなることがある。キーワードプランナーは本来はAdWords広告主のためのツールだが、SEOためのキーワードリサーチの目的で利用しているサイト管理者も多いはず。広告を出稿していないサイト管理者にとっては、この制限はたいへん残念な仕様変更になりそうだ。

Google、「モバイルフレンドリー」ラベルをAdWords広告でも導入か?

Googleは、AdWordsでもモバイルフレンドリーのラベルを表示するテストを実施しているとのこと。また導入されたばかりの、モバイルフレンドリーアップデートはAdWordsの品質スコアには影響を与えない。

【公式】Google、AdWords広告経由のリファラーからキーワード(検索語句)を削除することを決定

Googleは、Google.comでのSSL検索における広告のクリックからのリファラーデータを取り除くことを公式に発表した。AdWords広告のキーワードデータの入手方法に変化が及ぶ場合があるが、AdWords本体のレポートには影響しない。

SEO vs. PPCの戦いに終止符を打つ、ウェブマスターツールの検索クエリデータをAdWordsで比較可能に

Googleウェブマスターツールの検索クエリレポートを、Google AdWordsのレポートで表示できるようになった。これにより、オーガニック検索つまりSEOと有料広告つまりPPCの、キーワードごとの掲載順位やクリック数、クリック率などを1つのレポートで比較分析できる。

【悲報の続報】AdWordsキーワードツールがついに廃止、今後はキーワードプランナーを

外部向けのAdWordsキーワードツールが提供を終了した。告知していたとおり。今後はキーワードプランナーが代替のツールになる。AdWordsアカウントの開設やマニュアルの酒精など、廃止に伴って対応が必要なひとも出てくるだろう。

【悲報】AdWordsキーワードツール終了(予定)のお知らせ

EOのキーワード調査に欠かせないGoogle AdWordsのキーワードツールを間もなく利用できなくなる。キーワードツールの役割はキーワードプランナーというツールが引き継ぐが、Google AdWordsのアカウントへのログインが必要だ。つまり匿名ではキーワードプランナーを利用できない。

Google、GoogleトレンドとInsights for Searchを統合

Googleは、GoogleトレンドとGoogle Insihgts for Search(インサイト フォー サーチ)を1つのツールとして統合しデザインを一新した。新生Googleトレンドも検索ボリュームの動向や関連キーワードの調査に役立つ。

新Google AdWordsキーワードツールがベータ版から正式版へ

ベータ版として公開されていたGoogle AdWordsのキーワードツールが正式版へ昇格した。以前のキーワードツールはもう使えない。キーワード最適化ツールは新ツールに統合され、まもなく使えなくなる。新しいAdWordsキーワードツールの月間検索ボリュームはGoogle.comだけのデータになった。

アドワーズにこんな機能があったらいいのにな~、by 鷲見貴人

AdWordsプロフェッショナルの鷲見貴人が「あったらいいな」と考えるAdWordsの便利機能。