Google 広告

Google、サードパーティCookieの代替技術としてFLoCのオリジントライアルを日本でも開始

FLoC の試験提供を日本を含む少数の国でオリジン トライアルとして Google は開始した。FLoC とは "Federated Learning of Cohorts" の略称で、サードパーティ Cookie の代替技術として Google が開発した。

Google Merchant Center経由の商品掲載にはLPでの税込み総額表示が必要に

Google Merchant Center を利用したショッピング広告および [ショッピング] タブでの無料リスティングのランディングページで消費税込みの総額表示が 2021 年 4 月 1 日から条件付けられる。

Googleマーチャントセンターで登録した商品価格とチェックアウト時の価格が一致しないとアカウント停止に

Merchant Center(マーチャント センター)のガイドラインを Google は更新した。Merchant Center で登録した商品の価格がチェックアウト時には元よりも高くなっている場合は、アカウント停止になる可能性がある。

Publisher Ads Audits for Lighlthouseで広告が発生させる大きなCLSを調べる

Publisher Ads Audits for Lighthouse が v1.2.0 にアップデートし、広告に関連した CLS を検出するようになった。

Googlebotはショッピングカートに商品を追加する。カゴ落ち率が悪化する可能性あり

EC サイトで Googlebot は商品をカートに追加することができる。マーチャントセンター経由で送信された商品の金額がサイトで実際に販売されている商品の金額と一致するかどうかを確認するためだ。しかしながら、実際に購入しない。カートの離脱いわゆる「カゴ落ち」の率を不当に歪めてしまう可能性がある。

「Google掲載」のリスティングによる商品広告がウェブ検索でも無料に。今夏に米国で開始

「Google 掲載」のリスティングによる商品広告をウェブ検索でも掲載することを Google はアナウンスした。[ショッピング] タブ同様に、夏には無料化する予定だ。

Googleショッピングが再び無料に。米国では4月末から、日本では年末前までに

Google ショッピングでの商品掲載を無料にすることを Google はアナウンスした。米国では、4 月末から無料化。米国以外のグローバル展開は年末前までを予定している。

読み込み速度改善が売上に与える影響と競合とのスピードを比較するツールをGoogleが公開

ページの読み込み速度に関係するデータを計測するツールを Google は新たに2つ公開した。1つは Speed Scorecard(スピード スコアカード)、もう1つは Impact Calculator(インパクト カリキュレータ)。競合との比較には Speed Scorecard を、そしてスピード改善が収益に与えるインパクトには Impact Calculator を使う。

SEOに大きな痛手か?AdWords広告予算が少ないと、キーワードプランナーで月間検索ボリュームが手に入らなくなる

Googleは、キーワードプランナーで提供するデータに制限をかけた。広告費用が少ない広告主は、検索ボリュームの詳細なデータが手に入らなくなることがある。キーワードプランナーは本来はAdWords広告主のためのツールだが、SEOためのキーワードリサーチの目的で利用しているサイト管理者も多いはず。広告を出稿していないサイト管理者にとっては、この制限はたいへん残念な仕様変更になりそうだ。

Google、「モバイルフレンドリー」ラベルをAdWords広告でも導入か?

Googleは、AdWordsでもモバイルフレンドリーのラベルを表示するテストを実施しているとのこと。また導入されたばかりの、モバイルフレンドリーアップデートはAdWordsの品質スコアには影響を与えない。