AMPとプログレッシブウェブアプリの連携でウェブをさらに爆速に from #GDSTokyo

東京都港区のコクヨホールで4月26日に開催された『 Google Developers Summit Tokyo 2016』に参加してきた。山口能迪(やまぐち よしふみ)氏によるAMPをトピックにしたセッションのなかから、特に、興味を引いた2つを紹介する。「AMPキャッシュされるには構造化データが必要」と「AMPとPWAの連携」

リッチスニペットのための構造化データには schema.org と data-vocabulary.org のどちらを使うべきか?

Google検索でリッチスニペットを表示させるための構造化データとして、旧式の data-vocabulary.org を今でも利用することができる。しかし、現在Googleが公開している仕様としての schema.org を利用することが推奨される。だが、data-vocabulary.org を使い続けたからといって評価が下がることはない。

GoogleニュースがAMPをサポート開始、AMP対応した記事専用のカルーセルを導入

GoogleニュースがAMPをサポートし、AMP対応している記事を掲載するようになった。今のところは、米国のGoogleニュースでの英語版ニュースだけでの導入。Googleニュースのトップには、「Headlines」の見出しでトップストーリー用のカルーセルが設置され、ここには、AMPに対応した記事だけが掲載される。

アフィリエイト目的のレビュー記事からのリンクにはnofollowを付けるべきか?

無料で提供された商品やサービスの見返りとしてレビュー記事を書き、その記事からその商品のページや提供元のサイトに発リンクしていたサイトに対して、手動の対策をGoogleが先日おおがかりに実施した。特にアフィリエイトをしている人を中心に、誤解と(過度の)恐れが発生しているようだ。新たにわかったことやこれまでのGoogleのスタンスなどを含めて、この記事でフォローアップする。

FT.comが検証:ページ表示が遅いと売上が下がる【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forumの連載コーナー、「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。今週は、『FT.comが検証:ページ表示が遅いと売上が下がる』、『クロールに問題があるときは、サーバー速度よりも内部リンク改善とPuSHを気にかけるべき』、『サーバーのログファイルは過小評価されている!』など9記事+2記事。

▲ページの一番上に戻る