Googlebotが混合コンテンツを読み込まなくなるかも、Chromeのセキュリティ強化はSEOにも影響あり

Chrome が混合コンテンツ (Mixed Content) をデフォルトでブロックするように仕様が変わる。この仕様変更は Googlebot のクロールにも影響を与える可能性がある。HTTPS ページなのに、HTTP で配信されたコンテンツはインデックスされなくなるかもしれない。

Googlebotのレンダリングが劇的に高速化していた――レンダリング完了にかかる時間は中央値が5秒、90パーセンタイルが数分以内 #ChromeDevSummit

Googlebot のレンダリングエンジンが JavaScript のレンダリングを完了するまでにかかる時間を Google は大幅に短縮した。レンダリング完了までにかかる時間は現在は、「中央値が 5 秒」「90 パーセンタイルが数分以内」とのこと。

【ブログ読者へご連絡】11/13〜11/14はブログ更新をお休みします

11 月 13 日(水)と 11 月 14 日(木)はブログ更新をお休みします。米サンフランシスコで開催される Chrome Dev Summit 2019 に参加してきます。

Google検索のレンダリングとは?――Google Webmaster Conferenceのライトニングトークより #GWCPS

Google Webmaster Conference Mountain View でのライトニングトークをレポートする。セッションテーマはレンダリング。

ウェブの重複とは?――Google Webmaster Conferenceのライトニングトークより #GWCPS

米 Google 本社があるマウンテンビューで 11 月 4 日に開催された Webmaster Conference Mountain View では、検索チームの Google 社員によるライトニングトークが 8 セッションあった。この記事では、そのなかからウェブの重複、言い換えれば重複コンテンツについてのセッションを共有する。

Google検索でのBERTはクエリ解釈だけではなくコンテンツ理解にも使われる #GWCPS

BERT はクエリの解釈だけではなくコンテンツの理解にも使われる。BERT の英語以外の言語への展開は、英語での評価が十分にそろってからになる。

スピードレポートがGoogle Search Consoleで一般公開される、サイトの速度改善に役立つ

Search Console のスピードレポートを Google は一般公開した。スピードレポートは、その名が示すとおりにウェブサイトのページの表示速度に関する情報を提供するレポート。

Search Consoleカバレッジレポートの「検出-インデックス未登録」はサイトマップ送信だけで内部リンクされていないからかも

Search Console のインデックス カバレッジで「検出 - インデックス未登録」とレポートされる場合がある。いくつもの原因が考えらるが、URL をサイトマップで送信しただけでサイト内のどこからもリンクされていない場合も原因の 1 つになる。

WordPressプラグインとしてSite KitをGoogleが正式公開、WPからSearch Consoleのレポートを確認可能

Google は WordPress のプラグインとして Site Kit を正式リリースした。Site Kit を利用すると、Search Console や Google アナリティクスなどの Google のツールによるレポートを WordPress のダッシュボードから確認できる。

グーグル検索では正しい情報を上位表示する……ん? 情報の正しさは判断してないって言ってなかった?【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。Google 社員が、「Google では、コンテンツの正確性はランキング要因である、少なくとも YMYL の分野では」と述べている。いっぽう以前に Google は「情報が正しいかどうかを、Google は判断していない」と言っている。食い違う理由は?