リッチリザルトに使われなくても構造化データをマークアップすべき? リッチリザルト表示は1ページ目だけ? Google社員が構造化データの質問に回答

Google のゲイリー・イリェーシュ氏が SEMrush のインタビューを受けた。テーマは構造化データ。インタビューの最後に、Twitter で募集した質問への回答も掲載されている。参考になるので共有する。

画像ライセンス構造化データのレポートがSearch Consoleに追加、リッチリザルト テストでの検証も可能に

「画像のライセンス」の構造化データに関するレポートを Google は Search Console に追加した。また、「画像のライセンス」構造化データをリッチリザルト テストで検証できるようになった。

グーグル検索結果で“グーグル保証”マーク表示、月々5000円からってこれマジ!?【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。グーグルの検索結果で「GOOGLE GUARANTEED(グーグル保証)」というバッジ(認定マーク)を表示するという、驚きの試験プログラムの情報が入ってきた。

Google、ChromeデベロッパーツールのLighthouseによる構造化データチェック機能を改良予定

Chrome のデベロッパー ツールで利用できる Lighthouse の SEO 監査に含まれる構造化データの検証機能を Google は拡張する予定だ。

Google、1位のページのタイトルが大きいモバイル検索をテスト中

モバイル検索結果で 1 位のページのタイトルのフォントサイズをより大きく表示するテストを Google は実施しているようだ。

AMPテストがウェブストーリーの検証をサポート。ウェブストーリーでGoogle Discoverでの450000回のインプレッションも夢じゃない?

AMP テストが Web Story(ウェブ ストーリー)に対応した。また、Search Console の検索パフォーマンスの検索での見え方フィルタでの名称が以前の「AMP ストーリー」から「ウェブ ストーリー」へ更新された。

WordPress 5.5がサイトマップ生成機能を標準装備(上級者にはもの足りない?)

WordPress 5.5 が、サイトマップ生成を標準機能として実装する。プラグインを必要とせずに、WordPress 本体の機能としてサイトマップを送信できる。

Google、モバイルファーストインデックスの強制移行を2021年3月末まで延期

すべてのサイトのモバイル ファースト インデックスへの移行を 2020 年 9 月に Google は開始する予定だった。しかしながら、世界を取り巻く昨今の状況を鑑みて、2021 年 3 月末まで延期することを決定した。あわせて、MFI 移行にともない新たに見つかった問題点を解説している。

Search Consoleパフォーマンスレポートの検索タイプフィルタにニュースが追加

Search Console の検索パフォーマンス レポートの [検索タイプ] フィルタに「ニュース」を Google は追加した。

ネイティブLazy-loadのしきい値をChromeが改良。ビューポートからの距離を短くし、遅延読み込みが適用されやすく

Chrome がネイティブ Lazy-load を適用する際のしきい値を Google は改良した。