「スパム行為のある構造化マークアップ」の手動対策を受けてもランキングは下がらない、ただしリッチスニペットは消滅する

「スパム行為のある構造化マークアップ」だとして、手動による対策を Google から受けたとしても、そのページやサイトへのクロールやランキング、ランキングに影響は出ない。とはいえ、リッチスニペットが検索結果に出なくなるなど、構造化データによるメリットを得ることはできなくなる。

「SEOのために必要なページの文字数」知りたい人、集まれ~!!【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forumの連載コーナー、「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。今週は、『「SEOのために必要なページの文字数」知りたい人、集まれ~!!』、『グーグルがMFIでレスポンシブ ウェブ デザイン激推し?』、『インデックス状況を調査するよりももっと大切なこととは?』など10記事+2記事。

▲ページの一番上に戻る