UX・IA・CRO・EFO

PageSpeed Insightsが部分的でもフィールドデータをレポートするように改良

PageSpeed Insights のコア ウェブ バイタルに関するフィールドデータが、不十分なデータの指標があった場合でも十分なデータの指標だけはレポートするようになった。

【コア ウェブ バイタル】CLSと同じタイミングでLCPの定義も更新

CLS の定義が新しくなったのと同じタイミングで LCP の取得方法も更新されている。

PSIやLighthouse、CrUXレポートなど各種コアウェブバイタル計測ツールが新定義のCLSに対応

Google は、コア ウェブ バイタルを計測するために提供している各種ツールを新しい定義の CLS に対応するようにアップデートした。

Google、CLSの定義を変更。ページエクスペリエンスシグナルは新CLSで評価する

コア ウェブ バイタルの 3 要素の 1 つである CLS (Cumulative Layout Shift) の定義が変わる。ページエクスペリエンスには、新しい定義で取得する CLS のスコアが評価に用いられる。

Google、ページエクスペリエンスのランキングをPC検索にも拡大

ページ エクスペリエンス シグナルを PC 検索のランキングにも適用することを Google は発表した。

LCPとCLSの要素をPageSpeed Insightsがスクリーンショット表示

PageSpeed Insights が LCP と CLS の要素をスクリーンショットとして視覚的に表示するようになった。

Chromeデベロッパーツールでコア ウェブ バイタルを常に計測するHeads-Up Display (HUD) 機能

Chrome のデベロッパーツールで、今閲覧しているページのコア ウェブ バイタルを常に表示できるようになる。「HUD: Heads-Up Display(ヘッドアップ ディスプレイ)」という機能だ。

Chrome88のデベロッパーツールのレコーディング機能でウェブバイタルの情報を記録できるように

ウェブ バイタルを記録するオプションが、安定版 Chrome 88 のデベロッパー ツールの [Performance] レコーディング機能に追加された。

Google、コアウェブバイタルの基準を満たすインジケーターを検索結果に表示するテストを開始

検索結果に表示されたウェブページがコア ウェブ バイタルの基準を満たしていることを示すインジケーターが付くようになる。このインジケーター表示のテストを Google は開始した模様だ。

なぜAMP⚡はコアウェブバイタルに優れているのか?

AMP が Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)に優れている理由を AMP Fest 2020 のセッションをもとに説明する。