Google Search Console

Google、Search Console Insightsを公開。アクセス解析初級者にも使いやすいコンテンツパフォーマンス レポートツール

管理サイトのコンテンツのパフォーマンスを測定するために Search Console Insights(サーチ コンソール インサイト)という新しいツールを Google は提供開始した。

Search Console検索パフォーマンスが「正規表現に一致しない」フィルタをサポート

Google Search Console の検索パフォーマンス レポートのフィルタオプションが「正規表現に一致しない」の条件設定に対応するようになった。

Search Consoleのウェブに関する主な指標レポートが新しいCLSで計測開始

6 月 1 日から Search Console のレポートに新しい定義で計測した CLS 指標が反映されている。

Google、Search Console検索パフォーマンスの「検索での見え方」から「リッチリザルト」を削除

Search Console の検索パフォーマンス レポートの [検索での見え方] から [リッチリザルト] が削除される。

URL検査ツールのライブテストで完全なスクリーンショットを取得できるようになった?

URL 検査ツールのライブテストで、ページを最後までスクロールした完全なスクリーンショットを取得できるようになったかもしれない。

Googleページ エクスペリエンス アップデートは6月中旬から段階的に導入開始

Page Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)は 6 月中旬から段階的にロールアウトすることを Google は発表した。当初は 5 月の導入開始だった。

ついに!Search Consoleが正規表現をサポート

Google Search Console に 2 つの改良が加わった――検索パフォーマンス レポートが正規表現フィルタをサポート、比較時の 2 つ以上の指標の同時レポート表示

旧Search ConsoleのURLパラメータは依然として機能するが廃止の可能性もあり

旧 Search Console で提供されている URL パラメータ ツールは今でも機能している。現行の Search Console に移行するかどうかはまだはっきりしていないようだ。

GoogleアナリティクスやYouTubeなと他サービスとSearch Consoleを関連付け可能に

Search Console プロパティを、他の Google サービスに関連付けられるようになった。Google アナリティクスや YouTube、Google 広告などと Search Console のデータを共有できる。

Google、Search Consoleのウェブに関する主な指標のステータス定義を変更。しきい値ちょうども良好判定するように

Search Console の「ウェブに関する主な指標」レポートのステータスの定義を Google は変更した。良好のしきい値が「未満」から「以下」に変わった。