Google Search Console

Google検索における月間パフォーマンスのメールがSearch Consoleから届く

管理するサイトの Google 検索における月間パフォーマンスをレポートするメールが Search Console から届いた。

Google、URL検査ツールやモバイルフレンドリーテストのレンダリングエンジンをアップデート

URL 検査ツールやモバイルフレンドリー テスト ツールなど各種ツールのレンダリングエンジンを Google はアップデートした。最新の JavaScript も実行できる。

Search ConsoleでのDiscoverのパフォーマンスレポート有無はサイトの品質判断にはならない

Search Console に Discover のデータがレポートされないことは、コンテンツの品質が低いことを意味しない。ただ単に、Discover フィードに掲載されていないだけ。

URL検査ツールはリダイレクトされるページの情報をレポートしない

リダイレクトが設定されている URL を Search Console の URL 検査ツールで検証したときにレポートされる情報は、最後に到達した URL の情報になる。リダイレクトされる URL の情報は提供されない。

ローカルリスティングの表示・クリックは検索パフォーマンスのレポートに含まれるのか?

ローカルリスティングやローカルナレッジパネルとして検索結果に表示されたウェブページは Search Console の検索パフォーマンスにレポートされる。ただし、ウェブサイトへのリンクが掲載されているローカルリスティングだけがレポートに含まれる場合のみ。

MFI移行しているかどうかをSearch Consoleのメインクローラで確認可能に

モバイル ファースト インデックスに移行しているかどうか、移行している場合はいつ移行したかを Search Console で確認できるようになった。

新しいレンダリングエンジンに対応したモバイルフレンドリーテストツールを内部テスト中

新しいレンダリングエンジンに対応したモバイルフレンドリー テスト ツールを Google は内部でテストしているとのこと。

検索とコピーの機能がSearch Consoleのコード検証ツールに付く

Search Console でコードを検証するツールに 2 つの機能が追加された――検索・コピー。これらの 2 つの操作をアイコンを使って簡単に実行できる。

Search Console(旧バージョン)の「使用するドメイン」設定が廃止。今後はGoogleが判断、もしくは他の正規化手段を利用する

Search Console で構成できた「使用するドメイン」の設定を Google は廃止した。すでに利用できなくなっている。

URL検査ツールは画像には機能しない、noindexページをレンダリングできない

Search Console の URL 検査ツールはウェブページが対象。画像には機能しない。またウェブページであっても noindex robots meta タグが設定されているページではライブテストのレンダリングを検証できない。