インターネット全般

Google主導のもと、Robots Exclusion Protocol (REP) がインターネット標準に

robots.txt の仕様を標準化する取り組みに Google は着手した。25 年前に考案された Robots Exclusion Protocol (REP) は事実上の標準ではあったが統一されたインターネット標準ではなかった。

Google、Chromeのシークレットモードでアクセスする全ての非HTTPSページに「保護されていない通信」ラベルを。今年10月から

Google は、Chrome ユーザーのプライバシー保護をより一層強化することにした。次のどちらかの条件に当てはまるページに Chrome でアクセスした場合、URL 欄に「保護されていない通信」のラベルが付く。データを入力する HTTP ページ、シークレットモードでアクセスする すべての HTTP ページ

Wayback Machineがrobots.txtを無視するようになるかも?

ウェブページをアーカイブ(取得、保存)する Wayback Machine が robots.txt に従わなくなる仕様変更を検討中。

Chrome 56 と Firefox 51 が非HTTPSでパスワードを収集するページに警告表示

非HTTPSでパスワードを送信するページにGoogle Chrome 56 と Firefox 51では警告が出るようになった。HTTPSへの早急な移行が望まれる。

“Content-Security-Policy: upgrade-insecure-requests”でHTTPSページの混在コンテンツを解消する方法

安全なHTTPSで通信するページで安全ではないHTTPで読み込ませるリソースが存在すると、「混在するコンテンツ (Mixed content)」 のエラーが発生する。Content-Security-Policy: upgrade-insecure-requests という仕組みを使うと、混在するコンテンツが存在している場合でもHTTPSで強制的に読み込ませることが可能。つまり、混在するコンテンツエラーを回避することができる。

URLが空白を含むときは「スペース」と「%20」、「+」のどれを使うべきか?

URLにスペース(空白)が含まれる場合、そのスペースはどのように表現すべきか? クエリストリングにスペースが含まれるURLには「+」か「%20」を用い、スペースが含まれるそれ以外のURLには「%20」を用いる。

安全でないサイトではブラウザ新機能をサポートせず、Firefox開発元が決定。ウェブの世界はHTTPSに向かう

Firefoxブラウザの開発元、Mozillaは、安全ではないサイト、言い換えるとHTTPSで通信していないサイトのサポートを段階的に終了することを発表した。ウェブの世界は確実にHTTPSへ向かっているの。運用サイトのHTTPS化を真剣に考えるべきときが来ている。

スマートフォンユーザーの99%は検索エンジンを使う、23%がスマホからそのまま購入

スマートフォンユーザーの利用実態をGoogleはグローバルで調査した。調査対象には日本も含まれる。公表されたデータによるとスマホユーザーの99%は検索エンジンを使ったことがある。購入に際しては、スマートフォンで調べた情報が意思決定に影響することも分かった。

スマフォ向けSEOがやってくるか?、日本でのスマートフォン所有率は17%に上昇

スマートフォン利用に関する調査データをGoogleが公開した。調査対象国には日本も含まれる。日本でのスマートフォン所有率は17%、88%がスマートフォンでネットに毎日アクセスするなどスマートフォンの普及が進んでいることが数字の上から証明された。スマートフォン向けのサイト作りが間違いなく必要になる。

お酒に酔った勢いでオンラインショッピングするユーザーが増えている!?

飲酒が、ネットでの購入・注文に影響を与えているようだとオンライン版のニューヨークタイムズが報じている。あなたにも「酔った勢いで買ってしまった」という経験があるのではないだろうか?オンラインショップではお酒の入っているユーザーを狙ってナイトセールを催すと売上が伸びるかもしれない。