[レベル: 上級]

モバイル ファースト インデックスの導入に際し、別々の URL 構成を採用しているモバイルサイトでの hreflang 要素の仕様を Google は変更したようです。

モバイル向けページ⇔モバイル向けページ、PC向けページ⇔PC向けページ

今年3月の時点では、モバイル向けページからは対応する PC 向けページを指し示す単方向の hreflang を設定するように決めたとのことでした。

しかし次のように仕様を変更したそうです。

  • モバイル向けページからは対応する別言語のモバイル向けページを指し示す hreflang(これまでどおり自身への
    hreflang ももちろん必要)
  • PC 向けページからは対応する別言語の PC 向けページを指し示す hreflang(これまでどおり自身への hreflang ももちろん必要)

つまりモバイル向けページはモバイル向けページ同士で、PC 向けページは PC 向けページ同士で、hreflang を構成し合います。

3月時点で仕様を発表したミューラー氏は最終確定ではないとは言っていたのですが、本当に変わってしまいました。
現在の仕様を発表したのは、PubCon Las Vegas でのゲイリーです。
これが本当にファイナルになるのでしょうか?

hreflang を実装している多言語・多地域サイトは MFI に向けて準備を進めたくても、公式な発表がないうちは動きづらいですね。

別々の URL 構成は何かと厄介です。
将来的なことも考えると、やはりレスポンシブ ウェブ デザインが都合がよさそうです。

[H/T] Jennifer Slegg & John Mueller

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › MFI導入後のhreflang設定が変更に、これが最終確定になるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る