Google SEO

構造化データで複数アイテムをマークアップする際のガイドラインをGoogleが更新。ネストするか@idで関連付けする

1 つのページで、複数のアイテム(タイプ)を構造化データでマークアップする際の注釈を構造化データのガイドラインに Google は追加した。関連するエンティティのタイプではネストもしくは @id で関連付ける。独立したエンティティは、個別にマークアップできる。

Googlebotはショッピングカートに商品を追加する。カゴ落ち率が悪化する可能性あり

EC サイトで Googlebot は商品をカートに追加することができる。マーチャントセンター経由で送信された商品の金額がサイトで実際に販売されている商品の金額と一致するかどうかを確認するためだ。しかしながら、実際に購入しない。カートの離脱いわゆる「カゴ落ち」の率を不当に歪めてしまう可能性がある。

Google、スパムレポートの利用方法を変更。検索アルゴリズム改善のみに利用、手動対策には利用せず

スパムレポートの Google 内部での使い方に関する説明を Google は明確化した――ユーザーから送信されたスパムレポートは手動による対策のためには利用しない。スパム検出のためのアルゴリズム改善のみを目的として利用する。

「Google 掲載」のリスティングによる商品広告がウェブ検索でも無料に。今夏に米国で開始

「Google 掲載」のリスティングによる商品広告をウェブ検索でも掲載することを Google はアナウンスした。[ショッピング] タブ同様に、夏には無料化する予定だ。

『Google検索の仕組み』ヘルプ記事が更新。プライマリ クロール/セカンダリ クロールとは?

『Google 検索の仕組み』のヘルプ記事を Google は更新した。数多くの解説を新たに追加している。

Google、遅延読み込みの推奨方法にネイティブLazy-loadを追加

推奨する Lazy-load の実装手段として ネイティブ Lazy-load を検索ガイドの技術ドキュメントに Google は追加した。

rel=ugcとrel=sponsoredを数百万ページが導入、あなたは使う派?使わない派?

rel=ugc と rel=sponsored の 2 つの新しいリンク属性を現在、何百万もの URL が導入しているようだ。とはいえ、rel=ugc も rel=sponsored も rel=nofollow と働きは同じだ。 nofollow から置き換えても特段のメリットはない。

『Search Off the Record』――3人のGoogle社員が始めたSEOポッドキャスト

ジョン・ミューラーとゲイリー・イリェーシュ、マーティン・スプリットが SEO をテーマにトークする『Search Off the Record』ポッドキャストの 1 話目のエピソードのあらずじを紹介する。

Google検索から偽造品販売サイトの削除リクエストが可能に

Google の検索結果に表示される偽造品販売サイトの削除を申請できるようになった。

強調スニペットのスクロール&ハイライト機能を無効にする方法

強調スニペットをクリック/タップすると、引用した箇所までスクロールしハイライト表示する機能が AMP ではない通常の HTML ページでも利用可能に先日なった。しかしながら、この機能を望まないのであればサイト側で無効にできる。