Yahoo検索

米Yahoo!、検索システムをBingからGoogleに乗り換えか?

米Yahoo!は、Googleからデータ供与された検索結果をテスト中であることを認めた。検索システムとして米Yahoo!はBingを現在利用している。しかし日本のSEOに与える影響はほぼないはず。なぜなら、日本のYahoo!はすでにGoogleを検索システムとして利用しているからだ。

米Yahoo!、SSL検索を全ユーザーに適用

米Yahoo!は、SSLで保護した暗号通信での検索をすべてのユーザーに対して適用した。キーワードの取得はもちろんのこと、Yahoo!のオーガニック検索からのトラフィックであることもアクセス解析ツールではわからない。

米国議会の常任委員会がGoogleとBing、Yahooにウェブスパムの調査と対策を依頼

アメリカの上院議院の常任委員会の1つ、「上院通商・科学・交通委員会」がGoogleとBing、Yahoo!の大手検索エンジン企業に対して検索結果を不当に操作しているサイトの調査と対策を依頼する書簡を送っていたことが明らかになった。指摘対象となったサイトは不正なリンクによりサイトを上位表示させ消費者に不利益を与えていた。

YSTの復活?ヤフーのクローラ、Slurpの動きが活発化

Yahoo!独自の検索システム、Yahoo! Search Technology (ヤフーサーチテクノロジー、通称YST) で使われていたクローラのSlurpの動きが活発化してきたように見える。サーバーのログにSlurpのアクセスが大量に発見できるのだ。Yahoo!が検索業界に舞い戻る兆しなのだろうか?

米Yahoo! Site Explorer終了のお知らせ 〜 とうとうバックリンク調査ができなくなった

米Yahoo!は、サイト管理用ツールの「Yahoo! Site Explorer」のサービス提供の終了を公式に発表した。現地時間の11/21で閉鎖する。日本のYahoo!のサイトエクスプローラーは1年前にすでに終了。これで自分が管理していないサイトのバックリンク調査ができなくなった。

米Yahoo! Site Explorer終了のお知らせ 〜 競合サイトのバックリンク調査が不可能に

米Yahoo!はSite Explorerを今年後半にサービス終了することを公式ブログでアナウンスした。米Microsoftが運営するBingの検索システムへの移行完了に伴う処置。日Yahoo!のサイトエクスプローラーはすでにサービス終了している。今後は競合サイトのバックリンク調査が難しくなるだろう。

Googleリアルタイム検索が消えた本当の理由

Googleのリアルタイム検索が使えなくなっている。「Google+」との統合準備のためと言われていたが実はそうではなかった。本当の理由は「Twitterとの提携が終了」したためで、ツイートの全データを入手できなくなったからだ。

▲ページの一番上に戻る