Yahoo検索

日本のYahooがついにAMPを正式サポートか?

Yahoo! Japan のモバイル検索が正式に AMP をサポートしたと思われる。ヤフーの AMP サポート予定は今年3月の AMP Conf で明らかになっていたが、実際にはすぐにはサポートしていなかった。

日本のYahoo!検索がAMPサポートを表明、日々5,800万のYahoo!検索ユーザーがAMPページにアクセスすることに

日本の Yahoo! が AMP をサポートすることになった。Yahoo! 検索を利用する日々5,800万のユーザーが検索結果から AMP ページにアクセスすることになる。正式導入の時期はまだわからない。

ついに日本のYahoo検索もSSL化を決定、2015年8月18日から移行を開始

Yahoo! JAPAN(ヤフー株式会社)は、Yahoo!検索にSSL(HTTPS)を導入することを発表した。SSL検索への移行は、2015年8月18日から始まる。アクセス解析ツールでのキーワードやリファラーの取得がどのようになるのかは今の時点では不明。

米Yahoo!、検索システムをBingからGoogleに乗り換えか?

米Yahoo!は、Googleからデータ供与された検索結果をテスト中であることを認めた。検索システムとして米Yahoo!はBingを現在利用している。しかし日本のSEOに与える影響はほぼないはず。なぜなら、日本のYahoo!はすでにGoogleを検索システムとして利用しているからだ。

米Yahoo!、SSL検索を全ユーザーに適用

米Yahoo!は、SSLで保護した暗号通信での検索をすべてのユーザーに対して適用した。キーワードの取得はもちろんのこと、Yahoo!のオーガニック検索からのトラフィックであることもアクセス解析ツールではわからない。

SEOに必須、検索意図で分類する3つのクエリのタイプの違いとその内容

この記事では、検索クエリの意図(Intent、インテント)には「取引型」と「情報収集型」、「案内型」の3タイプがあることを解説する。意図に応じたそれぞれのクエリを理解しておくことはSEOに置いて非常に重要。

米国議会の常任委員会がGoogleとBing、Yahooにウェブスパムの調査と対策を依頼

アメリカの上院議院の常任委員会の1つ、「上院通商・科学・交通委員会」がGoogleとBing、Yahoo!の大手検索エンジン企業に対して検索結果を不当に操作しているサイトの調査と対策を依頼する書簡を送っていたことが明らかになった。指摘対象となったサイトは不正なリンクによりサイトを上位表示させ消費者に不利益を与えていた。

YSTの復活?ヤフーのクローラ、Slurpの動きが活発化

Yahoo!独自の検索システム、Yahoo! Search Technology (ヤフーサーチテクノロジー、通称YST) で使われていたクローラのSlurpの動きが活発化してきたように見える。サーバーのログにSlurpのアクセスが大量に発見できるのだ。Yahoo!が検索業界に舞い戻る兆しなのだろうか?

PHPのページにX-Robots-Tagでnoindexを設定し検索結果に出ないようにする方法

PHPでHTTPヘッダーに noindex と nofollow を X-Robots-Tag 出力させる設定方法を説明する。使う場面はかなり限られているだろうが自分へのメモ用として記事にした。

米Yahoo! Site Explorer終了のお知らせ 〜 とうとうバックリンク調査ができなくなった

米Yahoo!は、サイト管理用ツールの「Yahoo! Site Explorer」のサービス提供の終了を公式に発表した。現地時間の11/21で閉鎖する。日本のYahoo!のサイトエクスプローラーは1年前にすでに終了。これで自分が管理していないサイトのバックリンク調査ができなくなった。