SEOのいちばんの醍醐味は、なんといっても1位表示です。

最終目標でないにしても、1位表示の達成は、SEOに取り組む人間ならやはり嬉しいものですよね。

それでは首尾よく1位表示を獲得できたとしたら、どのくらいクリックされるのでしょうか?
1位と2位と3位とでは、クリック率にどのくらいの違いがあるのでしょう?

2006年にAOLから漏れたクリック率のデータが、WebmasterWorldで引き合いに出されていました。

検索結果の順位に応じたクリック率(CTR)は、次のような数字になっていたそうです。

#1 – 47%
#2 – 13%
#3 – 9%
#4 – 7%

1位表示されると、半数近くのユーザーにクリックしてもらえそうです。
1位と2位では34%の開きがあり、1位と4位では40%もの開きがあります。
クリックさせるための大前提としての1位表示は、否定のできない事実ですね。

ただし、このデータは2006年のものです。
検索結果インターフェイスの進化スピードを考えると、お世辞にも新しいとは言えません。

クリック率に影響を与える要素をいくつか挙げてみます。

このように、純粋に検索順位だけでクリック率を想定することはできません。
しかしWebmasterWorldのスレッドでは、AOLのデータと近い値だというレポートもあったので、1つの目安にはなりそうです。

【NOTE】
AOLの流出データによる検索順位に応じたクリック率を、以前にも書きました。
その記事の数字とこの記事の数字が異なります。

1位:22.73%
2位:6.40%
3位:4.53%
4位:3.24%
5位:2.61%
6位:2.14%
7位:1.81%
8位:1.60%
9位:1.51%
10位:1.59%

おそらく、前回は検索結果で最初に起こすアクションとしてのクリック率で、今回は2度目3度目のクリックも含めているものと思われます(ようは最終的にクリックされたかされないか)。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPSEM・SEO全般 › 検索結果のクリック率、1位は47%・2位は13%・3位は9%

Comments

  1. By on

    > #1 – 47%
    べらぼうに高いですね。
    実際はワードによって違うんでしょうけど。

    投稿にキャプチャーコードが!!

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    補足したように、真っ先に1位のページに行くわけじゃなくて、検索結果を行ったり来たりしながらの合計だと思います。
    それに当時は10ページのリンクが並ぶだけのシンプルなSERPだったせいもあるでしょうね。

    キャプチャは、承認保留になるスパムを削除するのも面倒なので導入しました。w

  2. By ポポルンタ on

    こちらの両データの結果に関して、以前どこかで拝見して
    仲間内で色々議論したのですが、全ての検索ワードに対しての比率となっているので実際にSEOを施策するワードに関しては参考程度にしかならないのかなぁと考えています。

    たとえば「食べログ」や「mixi」などといったサイト名を
    決め打ちで検索した際に1位に表示されるサイトが、
    クリックされるのは当然ですので必然的に1位のクリック率は高くなります。

    これらのサイト名を除いたその他のワード、
    いわゆるビックワードやミドルワードといわれる「キャッシング」や「恵比寿 賃貸」といったワードに関してはそれほど当てはまらないのではないかと考えています。

    実際にビックワードで1位に順位を上げても、
    googleアドワーズで出てくる検索数の半分の流入があることはありませんし、
    1位から2・3位に順位が変わったところで、大きな流入下落があるわけでもありません。

    まぁそれでも1位に表示されるというのはブランディング的にもかなり大きいことなのでいいことに変わりはありませんが…

    通りすがりで散文申し訳ないです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ご指摘のとおり、キーワードの種類・検索のタイプにも左右されますね。
    公式サイトを探すNvigational Query、たとえば「Apple iPhone」はほとんどが公式ホームページをクリックするでしょうね。

    比較対象の目印として利用するのがよさそうです。

  3. By on

    Googleか、Yahooかによっても大きく結果は変わりそうですね。

    Yahooではリスティング広告が目立つ分、下がってしまうのではないかとも思います。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    そうですね、当時はPPCがなかったようにも思いますので、CTRは今より高そうです。

▲ページの一番上に戻る