GoogleのSERPに、通常のサイトリンクとは違って、横に1列に並ぶ小さなサイトリンクが登場するようになっているのは、すでにお伝えしたとおりです。

WebmasterWorld
の関連スレッドのタイトルが「Mini Sitelinks」となっていたので、そのまま「ミニサイトリンク」と勝手に呼んでいました。

ミニサイトリンクについて、Googleが公式ブログで紹介しています。

公式な名前は「ワンライン サイトリンク(1行サイトリンク)」のようです。

そのままですね。(笑)

前の記事でも分析したように、通常のサイトリンクと違って検索1位である必要はありません。

また、同時に複数の結果に表示されます。

「カーテン」のSERPに3つのワンライン サイトリンク

通常のサイトリンクのようにどんな条件が必要なのか、どの内部リンクを選ぶか、どのキーワードで出るかなどは、アルゴリズムで完全に自動化されています。

また、Googleウェブマスターツールでブロックのみの編集ができます。

ワンライン サイトリンクは、こてまでのサイトリンクよりは条件が緩いようで、今まで表示されていなかったサイトにも表示される可能性があるとのことです。

サイト管理者にとってはクリック率が上がることが期待できるし、ユーザーにとってもサイト内の目的ページへダイレクトにアクセスできるので、ワンライン サイトリンクは好ましい追加機能と言えるのではないでしょうか。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 「ミニ サイトリンク」の正式名称は「One-line Sitelinks(1行サイトリンク)」

Comments

  1. By on

    ワンラインサイトリンクよりミニサイトリンクの方が、憶えやすくて良いと思うんですけどね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    米国人にとっては、One-lineのほうがいいんですかね?

▲ページの一番上に戻る