「もっとも重要な“内的SEO”は何だと思いますか?」

と尋ねられたら、ほとんどのWebマスターは、「Titleタグ」と回答するのではないでしょうか?

Titleタグは、ランキングを上げるためにも、またクリック率を上げるためにも、十分に吟味しなければならない要素です。

以前に、アメリカの有名SEOコンサルタント、Aaron Wall氏がビデオで解説した効果的なタイトルの付け方を紹介しました。

今日は同じくアメリカで有名なSEOコンサルタント、Ann SmartyさんがSearch Engine Journalで投稿した効果的なタイトルの付け方を、僕からの補足も交えながら紹介します。
(余談ですが、Annさんはつい最近女の子を出産しました)

1.キーワードを入れる
キーワードを含んだタイトル
これは説明不要ですね。ターゲットにしたキーワードをTitleタグに含めるのは必須です。
ボールド表示されるので目立ちます。
Annさんは入れる数は1回だけにするべきだと言っていますが、僕は2回繰り返すことも多いです。
キーワードによって評価のされ方は変わってくると思います。

2.電話番号を入れる
電話番号を含んだタイトル
電話での問い合わせが予想されるサービスを提供しているなら、役立ちそうですね。
SkypeをインストールしているとInternet ExplorerとFirefoxは、拡張機能が追加されてワンクリックでSkypeから電話発信できます。
Titleタグに入れないとしても、Meta Descriptionに入れておくとスニペットに表示されてクリックが伸びることも多いです。

3.場所を入れる
場所を含んだタイトル
これも定番ですね。
「地名・駅名」がプラスされたキーワードは、コマーシャル・インテンション(購買意欲、申込意欲)が高い証拠です。
Googleでは、ローカルサーチで上位表示されるポイントにもなるようです。
ローカルビジネスを展開しているときは、“Contact us”や“About Us”ページにも、所在地を示しておくとサーチエンジンにロケーションを、より認識してもらえます。

4.金額を入れる
金額を含んだタイトル
ロープライスがウリなら、料金や価格を入れてのアピールは効果がありそうですね。
財布の紐が硬くなっている不景気な今のご時勢には、特に向いていそうです。
金額でなくても、「○%OFF」というのもよさそうです。

5.社名を入れる
社名を含んだタイトル
会社名、サービス名などのブランド名を入れます。
ブランド名で名指しした検索には、効果てき面です。
ただし、ブランドとしての認知度が低い(検索数が少ない)段階では、タイトルの終わりに持ってきたほうがいいと思います。

Titleタグで指定するページタイトルは、検索エンジンよりも検索者をターゲットにして、いかに興味を引いてクリックさせるかを考えましょう。

ただし、タイトルの内容とランディングページの内容があまりにもかけ離れていると、すぐに戻られてしまう割合、いわゆる「直帰率」が高くなります。
したがって、タイトルに見合ったコンテンツを提供することが要になるのは言うまでもありません。

P.S.
Titleタグを変更すると、ランキングが急激に落ちるケースが多いので(狙いどおり上がることもある)、公開してから時間のたっているページのタイトルを変えることには、慎重になってください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › まだまだある効果的なTitleタグの秘訣

Comments

  1. By on

    リスティングの場合は広告文ABテストできますが、SEOはタイトル変更はランキングを下げる結果になるしABテストできない。

    そこで、

    タイトル名の付け方でクリック数が異なる数値ってどこかに落ちていないですかね。

    誰か知っていたら教えてくださいm(__)m

    やっぱ、こっそり実験ですかね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    SERPに表示されるタイトルは、サーチエンジンが管理してますからね。
    スプリットテストはできないですね。
    似たサイトを2つ作って、両方を上位に表示させて比べるとかはどうですか?(笑)

  2. By on

    >ならず者さんの書き込みにある
    >タイトル名の付け方でクリック数が異なる数値ってどこかに落ちていないですかね。

    私もこれ知りたいですが、
    ただ、数値化は非常に難しいと思いますけどねw

    僕は、1と5をやってます。

    2は、サイト内に表示されるようにしてあります。スカイプする人は、サイト内にくると思ってますので。

    4は、意外とクリックしたくなりますね。SEMとSEOを融合させたものですし・・。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    金額提示は逆に「この値段ならやめておこう」と、見込み客を逃す可能性もあるんですよね。

  3. By on

    >P.S.
    >Titleタグを変更すると、ランキングが急激に落ちるケースが多いので(狙いどおり上がることもある)、公開してから時間のたっているページのタイトルを変えることには、慎重になってください。

    ホントにその通りなんですが、Yahooでトップページダウンを食らっている為、我慢できず変更してしまいました…
    結果は案の定復帰どころかトップページ以外が大幅ダウン。
    タイトルって単純で、誰もが重要と分かっているにも関わらず、なかなか全貌が明らかになりませんね。
    未だにキーワードは1つか、2つかで激論が交わせるくらいですからね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    TDP解消の手段としてはやむをえない選択ですね。
    まだ復帰していない状態ですか?
    今、日Yahoo!が動いているそうなので、どさくさまぎれにリカバリーできるといいですね。

  4. By on

    >似たサイトを2つ作って、両方を上位に表示させて比べるとかはどうですか?(笑)
    やり方次第で、コンテンツスパムになりそうな匂い・・・(笑)

    やはり、
    SEMで結果が良い物をベースにSEOのタイトルは決定すべきかもしれないですね。

    >たつさん
    いい実験していますね!コソコソ聞きたい気分です(笑)
    広告と自然検索文章を似た文章にするのか違った文章の方がCVが高くなるかどちらが良いのか興味出てきますね。

    気が付いているかもしれませんが、
    Overtureの広告背景が白に変化しているのでこちらも数値的に変化がありそうな匂いですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    Overtureの広告背景が白に変化しているのでこちらも数値的に変化がありそうな匂いですね。

    Yahoo!ショッピングの画像表示とあわせてちょっとした騒ぎになってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る