Googleは、サービスや機能の新規提供や拡張を常に行っています。

特に先週1週間は、かなりの数の新リリースがありました。
個々をブログで取り上げることができなかったので、まとめてポイントだけ紹介します。
いくつかの項目については、別のエントリで詳しく説明したいと思います。

フェードインする新しいホームページ

Google.comのホームページのデザインが変わりました。
ロゴと検索ボックス、検索ボタンだけしかありません。
シンプルなGoogleのホームページ

しばらくすると、画像検索やGoogleマップなど各種サービスへのリンク、会社概要などへのフッターリンクがフェードインして表示されます。
フェードインするGoogleのホームページ

シンプルさを好むアメリカ人向きの仕様ですかね。

【公式アナウンス】
Now you see it, now you don’t

パーソナライズ検索の拡張

Googleアカウントにログインしていない状態でも、パーソナライズ検索が適用されるようになりました。
情報は、Cookieに保存されます。
これは、SEO関係者にとっては非常に大きなニュースです。
「私の検索順位とあなたの検索順位は違う」、こんな状況が普通になりそうです。
かなり重要なことなので、別記事で取り上げます。

【公式アナウンス】
Personalized Search for everyone

Googleウェブマスターツールのサイトパフォーマンス機能

Googleウェブマスターツールに、ウェブページの表示時間をレポートする機能が追加されました。
サイトのパフォーマンスの概要は説明済みです。

Google Webmaster Central Blogの別エントリで、詳しい使い方の解説が投稿されたので、別記事で取り上げます。

【公式アナウンス】
How fast is your site?

検索結果に地域タグ表示

検索結果に出た、.comや.netなどのgTLDのサイトが、検索ユーザーがいる国とは違う国を対象にしている場合は、対象国を示すラベルが表示されます。

検索結果のジオタグ

gTLDのサイトでかつ、ユーザーの国とサイトの国が違う場合だけの表示です。
まだ全体の1%足らずの検索結果にしか、適用されていません。

サイトの対象国は、Googleウェブマスターツールの地域ターゲットで判断されます。

Googleウェブマスターツールの地域ターゲット

グローバルサイトのSEOを施策しているサイト管理者は、要チェックですね。

【公式アナウンス】
Region Tags in Google Search Results

ユニバーサル検索の画像表示レイアウト

ユニバーサル検索の結果に画像が表示されるときのレイアウトが、変わりました。
左に1つの大きな画像、残りは小さなサムネイルになります。

ピカチューのユニバーサル検索の画像表示

今のところ、日本のGoogleでは確認できていません。

【公式アナウンス】
Show me the pictures: better format for image results

検索ツールに翻訳機能

検索ツールに、翻訳機能が加わりました。
外国語のサイトでも日本語で読めます。

「寿司 ロサンゼルス」の翻訳結果

翻訳の性能は・・・、自分でお確かめあれ。w
あと、遅いのも難点。

【公式アナウンス】
Searching the global web just got a little easier
世界中のウェブサイトを翻訳して日本語で検索!

Googleの動きは、本当に速いです。
Googleを利用したサーチマーケティングの勝負に勝つには、流れにしっかりと追いついて行かなければなりません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleの動きが速くて着いていけない ~ 12月第1週のGoogleの6つの変化

Comments

  1. By Sebastian on

    始めまして。画像表示レイアウトですが、日本でも2,3日前から「ガネーシャ」で検索すると1つだけ大きな画像になっていました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    「ピカチュウ」でも出てますね。
    同じ検索でもブラウザによって出たり出なかったりなので、ロールアウト中なのかもしれません。

▲ページの一番上に戻る