はてなブックマークに追加

先週、米ラスベガスで開催されたPubCon 2009で、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は、2010年に期待することとして、ウェブページの表示時間を検索順位を決める要因に取り入れたいと語ったそうです。

Google AdWordsでは、品質スコアにかかわる指標としてページの読み込み時間を、すでに加味しています。

Matt Cutts氏の発言は、通常のオーガニック検索のランキングにも読み込み時間がかかわってくることを示したものです。

Googleは、「SPDY」というウェブページの表示をスピードアップするプロトコルを発表しました。

SPDY対応のウェブサーバーとウェブクライアント(ブラウザ)を使うと、ページ読み込み速度が最高で64%短縮できたそうです。

夏に参加したSESサンノゼでも、Googleのスピーカーは表示時間は速いほうがいいと何度か強調していたのを覚えています。

Matt Cutts氏は、以前ビデオでページの読み込み時間は検索結果に影響を与えていないと言いつつも、「現状では」という条件を付け、ユーザーが望めばその限りではないしていました。

Googleは、ユーザーがより早い表示を求めていると認識していて、ロードタイムに注意を払っているみたいですね。

気になるのは、ページの表示速度がどの程度の影響を与えるのかです。
個人的には、微々たるもののような気がしますが。

ただ表示時間が遅いからと言ってマイナスになることはなく、表示時間が速いとプラスに働くようです。

ちなみに、ダニー(Danny Sullivan氏)は、「バカなことだ。速いとか遅いってどのくらいなんだ。速いのが質に関係するのか?」と、Twitterで文句を言っています。

ダニーのツイート

もっともと言えばもっともかもしれません。
あなたは、どう思いますか?

【参照ソース】

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

Sponsored Links

Privacy Policy

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

コメント

  • Takku より:

    個人的な意見です。

    ページの表示速度がコンテンツの質に関係するとはとうてい思えません。むしろそこそこ重いページのほうが情報量が多かったりユーザビリティが高かったりする可能性は大いにあります。

    ただ、検索ユーザが感じる検索品質の高さを考慮すると、ページの表示速度をランキング要素の1つとするというのも納得できる気がします。というのも、ページがなかなか表示されない場合、検索ユーザが我慢できずに帰ってしまうということがかなり高い確率で起こりうると思うからです。このとき検索ユーザが感じる検索品質というのは低いでしょう。Google は検索ユーザの検索体験を高品質にしようとしているようなので、そういう意味ではページの表示速度がランキング要素の1つになるというのもわかります。

    ただ、どのようにランキング要素としてアルゴリズムに組み込むかが難しそうですね。「どれくらい遅いのまで我慢できるか」というのは人それぞれでしょうし、「どれくらい表示が速ければどれくらい(ランキングを決める)点数を高くするか」というのも調整の繰り返しになりそうな気がします。しばらくはお試しって感じではないでしょうかね。

    なんかあまりまとまってませんが、記事を読んで感じたことを書いてみました。長文失礼しました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    言ってること、理解できますよ。
    遅いページはストレスがたまるけれど、さくさく表示されるサイトは閲覧しやすいですよね。
    でも、「速い・遅い」の尺度はユーザーによってまちまちですから、基準をどこに置くかが問題になるでしょう。
    ただ、この辺はGoogleのことですから、何か考えているかもしれませんね。


コメントを投稿する

※下の英数字のキャプチャコードを入力してから投稿してください。
*