[対象: 中〜上級]

パンダ・アップデート更新 No. 20

9月27日(現地時間)にGoogleがパンダ・アップデート更新していたことが明らかになりました。

今回の更新はしばらく続いていたデータを最新の状態にするだけのリフレッシュではなく、パンダ・アップデートのアルゴリズム本体の更新を伴います。

その分影響は比較的大きめで英語のクエリの約2.4%に影響を与え、一般のユーザーが変化に気付くくらいの程度になっています。

とはいえ、英語以外のクエリに関しては影響はずっと小さくたとえばフランス語やスペイン語では0.5%ほどです。

更新を実行した後、3、4日は展開を継続するとのことでしたがもう落ち着いた頃ではないでしょうか。

英語に与えるインパクトは大きいものの多言語では小さいようで日本語にもさほど大きな動きは起こっていないものと思われます。

今回のパンダ・アップデート更新をややこしくしているのが、直後に実行されたEMDアップデート(完全一致ドメインのアルゴリズム更新)です。

英語圏では、EMDアップデートの内容とはどう考えても結びつかないランキングの変動が観測されていました。

蓋を開けてみたらパンダ・アップデート更新だったということになります。

パンダ・アップデートのアルゴリズム更新が実行されたのを明らかにしたのはおなじみのMatt Cutts(Matt Cutts)です。

公表してくれたのはありがたいことですが釈然としないこともあります。

まず、EMDアップデートの更新をツイートしたときは、パンダ・アップデート(とペンギン・アップデート)とは関係ないと言っていました。

※“Unrelated to Panda”の部分

たしかにEMDアップデートとパンダ・アップデートは異なるアルゴリズム更新なので、無関係なのは確かだとしてもすっきりした言い方だと僕には感じられません。
考えすぎかもしれませんが、ごまかしたのかそれともパンダ更新があったことを暗にほのめかしているのか疑ってしまいます。

さらに極めつけはこれです。

完全一致ドメインは使っていないのにEMDアップデート導入のタイミングでランキングが大きく落ちたウェブマスターに対してのMatt Cutts氏の返答です。

500以上のアルゴリズムを1年間に(Googleは)導入していて、それは1日に1、2個ということになる。今回のそのアルゴリズム更新(EMDアップデート)と同じ期間内に少なくとももう1つ別のアルゴリズムが展開したことを僕は知っている。

「もう1つのアルゴリズム」が何を隠そうパンダ・アップデートでした。

「もう1つのアルゴリズムは何ですか?」というSearch Engine Landからの問い合わせに対して、今回のパンダ・アップデート更新が同じMatt Cutts氏の口から出てきたのです。

EMDアップデートとパンダ・アップデート更新を同時に走らせたことには分析を難しくさせる意図もあったのかもしれません。

これはこれでまったく構いません。

すべてのアルゴリズムの導入や更新を1つ1つ僕たちに教える義理もGoogleにはありません。

でも「透明性を増すように取り組んでいる」という繰り返しの発言とは一致せずあえて隠すような態度をMatt Cutts氏がとったことに対して個人的に違和感を覚えました。

いずれにしてもパンダ・アップデートは、データの更新とアルゴリズムの更新がともに続いています。

【パンダ・アップデート履歴】 ※日付は現地時間

今回からバージョン番号ではなく更新の回数でナンバリングします。
参照しているSearch Engine Landに倣っての変更です。

  1. パンダ・アップデート 1.0(導入) on 2011年2月24日
  2. パンダ・アップデート 2.0 on 2011年4月11日近辺
  3. パンダ・アップデート 2.1 on 2011年5月10日近辺
  4. パンダ・アップデート 2.2 on 2011年6月16日近辺
  5. パンダ・アップデート 2.3 on 2011年7月22日近辺
  6. パンダ・アップデート 2.4 on 2011年8月12日
  7. パンダ・アップデート 2.5 on 2011年9月27日
  8. パンダ・アップデート 2.5.1 on 2011年10月3日
  9. パンダ・アップデート 2.5.2 on 2011年10月13日
  10. パンダ・アップデート 3.1 on 2011年11月19日
  11. パンダ・アップデート 3.2 on 2012年1月15〜21日の週のどこか
  12. パンダ・アップデート 3.3 in 2012年2月(日にちは不明)
  13. パンダ・アップデート 3.4 in 2012年3月(日にちは不明)
  14. パンダ・アップデート 3.5 on 2012年4月19日
  15. パンダ・アップデート 3.6 on 2012年4月27日
  16. パンダ・アップデート 3.7 on 2012年6月12日
  17. パンダ・アップデート 3.8 on 2012年6月26日
  18. パンダ・アップデート 日本語&韓国語 on 2012年7月18日 ※日本時間
  19. パンダ・アップデート 3.9 on 2012年7月25日
  20. パンダ・アップデート 3.9.1 on 2012年8月20日
  21. パンダ・アップデート 3.9.2 on 2012年9月18日
  22. パンダ・アップデート #20 on 2012年9月27日(今回)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › マット・カッツが隠していた?、パンダ・アップデートのアルゴリズム更新を実行済み (2012/09/27)

Comments

  1. By shin on

    毎日ブログ拝見されて頂いております。

    質問なんですが、パンダアップデートが繰り返し行われていますが、芸能人や有名人の名前で検索するとほとんど2ch系のサイトが上位を占めています。

    これらのサイトってコメントが大半を占めており、どう考えても内容が充実しているとは思えません。

    パンダアップデートの「コンテンツが充実したサイト」には該当しないと思うんですが、今後改良が加えられていくのか鈴木さんの見解をぜひお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    コンテンツが充実しているかというよりも「コンテンツの質」を見るのがパンダ・アップデートです。
    具体的な検索結果とサイトが分からないので何も判断できなくて今のパンダアップデートのアルゴリズムでは質が高いと評価されているからではないでしょうか。
    それ以上のことを言うのは難しいです。

▲ページの一番上に戻る