[レベル: 上級]

ページ単位で情報を収集しつつもサイト全体の評価に影響を与えるアルゴリズムと、そのページだけに影響を与えるアルゴリズムの両方を Google は利用しているとのことです。

また先日のコア アルゴリズム アップデートは健康関連や YMYL 系のサイトを狙い撃ちしたものではないようです。

サイトレベルで作用するアルゴリズム vs. ページレベルで作用するアルゴリズム

Gary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏が検索イベントに参加するためにブラジルを訪問中です。
元同僚の Pedro Dias(ペドロ・ディアス)氏との雑談のなかでイリェーシュ氏は次のように説明したそうです。

パンダアップデートのようなアルゴリズムは、ページ単位で情報を集めるがホスト名レベルで作用する。ペンギンアップデートのようなアルゴリズムは情報を集めてページレベルで作用する。

※[鈴木補足] ディアス氏が意味する “ホスト名レベル (hostname level)” とは、プロトコルから TLD に至るまでのもので、トップのドメインのこともあればサブドメイン、さらにその下の“サブ”サブドメインも含むそうです。なので、この記事で用いている「サイトレベル」には語弊がありますが、イメージしやすくしました。

これは以前に僕も聞いたことがあります。

基本的に、アルゴリズムはページ単位の評価です。
しかし特に、品質関連のアルゴリズムにおいては、サイト単位で振る舞うことがあります。
たとえば新しいクエリが検索された場合、高品質なコンテンツを長期に渡って公開してきたサイトのほうが新しいサイトよりも上位表示しやすい傾向にあります。
これは、そのサイトに関する信頼度を Google がすでに十分に認識できているからです。
この新しいクエリに対してもこのサイトなら有益な情報をきっと提供してくれるだろうと Google が想定するような感じです。

また、品質評価のアルゴリズムがほかのアルゴリズムにも影響を与えることもありうるとのことでした。

とはいえ、“Authority Rank” のようにサイトのオーソリティを数値化するアルゴリズムは利用していないことも何度か直接的間接的に聞いています(ゲイリーやジョンに個人的に確認したこともあり)。

ごく僅かの質が低そうなページがサイト内に存在していたとしても、問題になることはないでしょう。
しかしながら、低品質コンテンツが大多数として存在するとしたら、品質が決して低くはないページにも悪影響を及ぼすことはありそうです。
定期的な品質チェックを実行したいものです。

夏のコアアルゴリズムアップデートは医療系だけをターゲットにしていない

7月の最終週から8月の最初の週にまたがって、広範囲にわたるコアアルゴリズム アップデートを Google は実行しました。
健康関連、医療系のサイトが特に大きな影響を受けたようです(Medic Update という名称が勝手に付けられてしまいました。“medic” は医者の意味)。

しかしイリェーシュ氏によれば、健康関連や YMYL 系のサイトを集中的にターゲットにしたわけではなく、そうしたサイトに大きなインパクトがあったのは “嬉しい” 偶然だったとのことです。

ポジショントークだろうと邪推することもできますが、“広範囲にわたる (broad)” アップデートだとアナウンスしていたので事実だろうと僕は信じることにします(実際に、健康・医療以外のサイトも影響を受けていますしね)。

いずれにしても、品質に細心の注意を払ってコンテンツを公開してくことがコアアルゴリズムに影響されない絶対的な対処策であることに変わりはありません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ページ単位で情報を収集しつつもホスト名単位で作用するアルゴリズムと、そのページにのみ作用するアルゴリズムがGoogleにはある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る