SMX Advanced ロゴ
お伝えしていたように、米シアトルで開催されたSMX Advanced Seattleに6月4日・5日の2日間参加してきました。

僕が役員になっているセルフデザイン・ホールディングスの海外研修の一環です。

セッションレポートは別記事で投稿するとしてこの記事では参加中に撮影した写真を紹介します。

カンファレンスとシアトルの雰囲気を味わってください。

宿泊したのはSMXと提携しているEdgewater Hotel(エッジウォーター ホテル)です。
Edgewater Hotel
桟橋の上に立てられているので今の日本人には津波が怖いですね。
海側の部屋はとても眺めがいいのですがシティサイドの部屋を僕は選んだので(経費削減w)、見えるのは写真を撮る気も起きない駐車場だけでした。

SMX Advancedは今回が3度目なのでこのホテルも3度目です。フロントスタッフには“Welcome back!”と暖かい言葉をいただきました。
部屋に入るとぬいぐるみのクマがいつも出迎えてくれます。
エッジウォーターホテルのクマのぬいぐるみ

会場はホテルのすぐそば、歩いて1、2分で着きます。
SMXの立て看板

SMX会場入口

Welcome to SMX のモニタ

受付を済ませると、バックパックとネームバッジ、ブローシャ、スポンサー企業のパンフレットなどがもらえます。
SMX参加者への配布物
去年はコースターやマウスパッドのノベルティがあったのですが今年はありませんでした。バックパックも作りが貧祖になった気が…。

SEOとPPC、専門的、スポンサー主催の4つのトラックに分かれてセッションが行われました。
アジェンダがの看板

僕がメインで参加したのは当然SEOのセッションになります。
SEOトラックのスケジュール

これは案内板。階段を上がったり下がったりあちこちに部屋が分散しているのでこれがないと迷います。
案内板

これはキーノートスピーチとSEOセッションで利用されるホールです。
椅子が並んだホール
左側と右側後方にもまだ椅子がたくさん並んでいてかなり広々していますが満席になります。

セッションが始まる前にまずは朝食で腹ごしらえ。
ブレックファスト
シアトルのSMXはランチはいまいちなのですが、朝食は申し分ありません。写真には写ってませんがいくつかの種類のベーグルやゆでたまご、ヨーグルトなどが取り揃えられていて豪華ではないにしても朝食としては十分です。

シアトルだけあってコーヒーはスターバックス製でした。
コーヒー
ひょっとしたらロゴの入った入れ物を使っているだけかもしれませんが。

SMX主催者の代表、Danny Sullivan(ダニー・サリヴァン)氏のあいさつでいよいよ幕を開けます。
Danny Sallivanのあいさつ

1つのセッションは3〜4名のスピーカーが順番にプレゼンテーションします。
SMXプレゼンテーション

SMXプレゼンテーション

プレゼンテーションスライド

プレゼンテーションスライド

左にいるのは英GoogleのPierre Far(ピエール・ファー)氏。先月のSMX Londonでもスピーカーとして登場しました。
ピエールとバリー
右にいるのはこのセッションのモデレータを務めたSearch Engine RoundtableのBarry Schwartz(バリー・シュワルツ)氏。バリーの隣でGoogle+を使ってリアルタイム中継していたら、「ケンイチが見慣れない奇妙な文字でタイピングしてる」と笑われました。奇妙な文字というのはもちろん日本語です。

Pierre Far氏は、発表されたばかりのGoogleが推奨するスマートフォン向けサイトの最適化についてプレゼンテーションしました。
ピエール・ファーのスマホサイト最適化のスライド

こちらは米GoogleのMalie Ohye(マイリー・オーイェ)さん。
Maile Ohye
マイリーさんはこの日も元気いっぱい、ノリノリのプレゼンテーションでした。

GoogleウェブマスターツールのURLパラメータ機能の使い方をこと細かにマイリーさんは解説してくれました。
Malie Ohyeのスライド

そして我らが(?)、Matt Cutts(マット・カッツ)氏。Matt Cutts氏をダニーが質問攻めにする「You&A」という名称のセッションです。内容は別の記事でレポートします。
ダニー・サリヴァンとマット・カッツ
ペンギンがたくさん見えますね。去年はパンダを連れてきてました。

Googleがリリース予定のGoogle Glassesのプロトタイプです。発表されたときの姿とは似ても似つかぬデカさです。(笑)
Google Glasses

ペンギンに捕獲される前に捕獲してきました。w
ペンギンのぬいぐるみ

お楽しみのランチタイムです。
ランチタイム

おいしそうに見えますがどれも似たような味でたいしたことありません。w
料理

でも僕のランチの目的は食べることではなくGoogleのエンジニアと話すことです。
Meet a Gogoler
SMXの特徴の1つとして、セッションスピーカーを囲んで同じテーブルでランチできるプログラムがあります。セッションスピーカー以外にもGoogleのエンジニアも招かれるのです。

いちばん右で腕を組んでいるのは、Googleウェブマスターツールの運用チームのプロダクトマネージャ、Anthony Chavez(アンソニー・チャベス)氏です。

Chavez氏は、最近ではドメイン登録事業者の管理画面からウェブマスターツールへのサイト登録が可能になったことを公式ブログでアナウンスしています。ウェブマスターツールについてあれこれ聞いてきたので別記事でレポートします。

スポンサー企業が展示会場でブースを出展しプロモーションしています。
展示会場

Bingは米国では好調です。
Bingのブース

SEOmozの共同創設者でプレジデントのジリアンさん。真ん中はOpen Site Explorerのデータを収集してくるSEOmozのロボット、ロジャー(の着ぐるみ)です。
ジリアンさんとロジャーボット
ジリアンさんはWeb担当者Forum安田編集長と親しい間柄で、安田さん繋がりで僕は少し面識があります。

とりを飾るのは、“Ask The SEOs”といって参加者からの質問にSEOのエキスパートたちが回答するセッションです。
SEOエキスパートの面々

参加者は所定のフォームから質問を自由に投稿できます。
質問投稿フォーム
毎年盛り上がるのですが今年はそれほどでもなかったのが正直な感想です。残念ながらみんなに伝えたいようなインパクトのある情報はありませんでした。

左はダニーで、右はChris Elwell(クリス・エルウェル)氏。
Danny Sullivan and Chris Elwell
Elwell氏は、Search Engine LandやSMXを運営するThird Door Media, Inc.のプレジデントです。

僕がSphinn Japanを創設するときにSphinnの日本でのライセンスを取得するために何度も何度もやり取りしました。でも実際に会ったことはなくて今回僕が参加することを知って声をかけてくれと言ってもらえたので会ってきました。

SMXはアメリの他、イギリス、フランス、カナダ、オーストラリア、ドイツなど現在世界中で開催されています。日本ではやってくれないの?と尋ねると、収益を得られなさそうだからやらないとの回答でした。(TT)まぁ、でも$1,000以上するSEOのイベントに参加する日本人が多いとは思えないので納得ですが。

先月行ったロンドンのSMXは時間に余裕がなくてほとんど出歩けませんでした。
今回は前日の午前中に着いたこともありそれなりに自由行動ができました。

シアトル到着後たまたまSEOmozがオフィス見学ツアーを催しているのを知ってぎりぎり間に合って参加してきました。
SEOmozのオフィス
手前にあるデカイ物体は天井から吊るされている空気でふくらませた魚(サメ)です。

SEOmozは2年前にシアトルに移転しています。そのときも見学ツアーに参加しているのですがその時とは様子がガラリと変わっていました。
あのときはスタッフが20人足らずでオフィスが広々していましたが今は60人以上に増えていて狭いくらいでした。

彼はロジャーのデザイナーさん。
デザイナーのPC
ロジャーもよく見ると細かなところで顔が変わってるそうです。

大きなディスプレイには何やら数字が。
ディスプレイ
SEOmozの無料会員に申し込んだ人数、PRO会員に申し込んだ人数、解約した人数などがここに表示されます。常に数字を意識してる証拠ですね。

おみやげにロジャーのUSBメモリをもらいました。
ロジャーのUSBメモリ
他にもステッカーやタンブラー、Tシャツなどをもらってきました。
安田編集長にお渡ししてWeb担のイベントの景品にでも利用してもらおうかと思ってます。

シアトルは海沿いの街です。市場には新鮮な魚介類が敷き詰めて陳列されています。
魚
カニ
おみやげに買ってこれたらよかったんですけどね。(笑)

こちらは市場近くにあるPiroshky Piroshkyというピロシキのお店です。
Piroshky Piroshky
行列ができていたので並んでみました。

僕が知ってるピロシキとは姿形が違うんですがお味の方はニジュウマル。
ピロシキ

Google+ローカルで初めてその名前を知ったZAGATでも料理の評価は「かなり良い〜非常に良い」でした。
ZAGAT
今までは気づかなかったけれど、この「ZAGAT RATED」(ザガットに評価あり)の印が街中いたるところの飲食店に張られていました。ZAGATは米国では有名なんですね。

最終日はこれまたZAGATの評価がなかなか良いBranzinoというイタリアンレストランに行って、魚介のパスタとティラミスで舌鼓。
魚介のパスタ
ティラミス
同じくSMXに日本から参加されていたお方たちとご一緒させていだいて(確認してないのでお名前は出さないでおきます)おいしい料理をいただきながらSEO談義を交わしてきました。

そんなこんなで2012年のSMX Advanved Seattleは終了です。

来年、2013年は今年と同じく6月4日・5日に開催予定です。
NEXT SMX Advnavedの看板
来年も必ず参加したいですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOP海外カンファレンス › #SMX Advanced Seattle 2012 フォトギャラリー

▲ページの一番上に戻る