EC サイトでも強調スニペット!売上アップに役立つか?

強調スニペットが出現する検索結果が増加傾向にあるなか、ECサイトからの強調スニペットも増えている。一般的に言って、強調スニペットに引用されるページは情報提供コンテンツを掲載しており、「ものを売る」ページではない。しかし、ときとして Amazon や Best Buy のような EC サイトのページが強調スニペットに採用されることがある。

Google、リッチスニペットよりもビジュアルなリッチカードをグローバル展開。レシピ、レストラン、映画が対象

リッチカードが、世界中の Google モバイル検索で利用可能になった。日本でも利用できる。リッチカードは、従来のリッチスニペットよりも視覚に訴える効果が高くなっているのが特徴。2016年5月に米 Google (google.com) で公開されていた。

「MFIでは表示速度をランキング要因にしない」をGoogleが撤回、速いページを評価する #SMX West 2017

モバイルファーストインデックスでは、ページの表示速度をランキング要因から外すと Google は発言していた。しかし、米サンノゼで先週開催された SMX West 2017 でゲイリー・イリェーシュ氏はこの方針を撤回した。表示速度をランキング要因として組み込んだうえで MFI を導入する計画とのこと。

Google モバイルファーストインデックス導入はまだ数か月先、”クオリティ ニュートラル”を目指すため #SMX West 2017

米サンノゼで先週開催された SMX West 2017 で、Google のゲイリー・イリェーシュ氏が モバイル ファースト インデックスの導入時期について言及した。導入はまだ数か月先とのこと。“quality neutral”(クオリティ ニュートラル)を目指しているため時間がかかっているようだ。

グーグル、不正確・攻撃的・ヘイトなどのページを低品質とみなすように【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forumの連載コーナー、「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。今週は、『グーグル、不正確・攻撃的・ヘイトなどのページを低品質とみなすように』、『サイトを一時停止するときのベストプラクティス×3』、『ECサイトでのAMP成功事例がついに登場――CVR 105%↑、直帰率31%↓、CTR 29%↑』など10記事+3記事。

▲ページの一番上に戻る