ガイド付きレシピの拡張レポートがSearch Consoleに追加

ガイド付きレシピのレポートが Search Console に追加された。

Chromeのオムニボックスでプロトコルとwwwが付いた完全なURLを表示する方法

安定版 Chrome 83 で、プロトコルと www が付いた完全な URL をオムニボックスに表示するためのオプションを利用できるようになった。

10か月前に公開した古い記事がGoogle Discoverに掲載されるようになった

Google Discover にコンテンツが掲載される条件の 1 つは「新しさ」だ。しかしながら、数か月前のコンテンツでも Discover に掲載されるようになった。

品質が低いページをGoogleは最終的にインデックスから削除することがある

それまでインデックスされていたページがインデックスから消えてしまった場合、コンテンツの品質に理由があるかもしれない。保存スペースを節約するために、品質が低いコンテンツを Google はインデックスしておきたくないからだ。

URL検査ツールのスクリーンショットはどうしてファーストビューだけしかレンダリングしないのか?

URL 検査ツールで公開 URL をテストしたときに参照できるスクリーンショットはファーストビューだけだ。なぜページ全体を見ることができないのだろうか?

【テクニカルSEO】Googlebotのクロール頻度を減らす2つの方法

Googlebot のクロール頻度を減らす方法を解説するページが Google 検索デベロッパー ガイドに追加された。Googlebot のクロール頻度を減らすには 2 つの方法がある。

パンくずリストの情報をより確実にGoogleに伝えるために構造化データを使う

パンくずリストの情報は構造化データを利用するとより確実に Google に伝えることができる。

Google、ウェブサイトのUX健全性を示すWeb Vitalsを導入。3つの重要指標はLCP/FID/CLS

ウェブで優れたユーザー エクスペリエンスを実現するために “Web Vitals”(ウェブ バイタル)というコンセプトを Google は導入した。LCP と FID、CLS が重要な指標になる。

【祝】4000記事達成🎉🎊

🎉4000 記事達成のご報告🎊

リッチリザルト テストがAMP記事の検証をサポート、Article構造化データに必要なプロパティが減る

リッチリザルト テスト ツールが AMP 記事の検証をサポートするようになった。また、Article 構造化データに必要なプロパティが変更になった。