MFIでは非表示コンテンツは許容されるが、隠しコンテンツとしての乱用にGoogleはどう対処するのか?

コンテンツが初期状態で表示されていなかったとしてもモバイル ファースト インデックスでは評価を下げられることはない。隠しコンテンツとして乱用が可能ではないかと懸念が生じるが、そうした乱用あるいは誤用を防ぐためのアルゴリズムを Google は備えているとのこと。

読み込み速度改善が売上に与える影響と競合とのスピードを比較するツールをGoogleが公開

ページの読み込み速度に関係するデータを計測するツールを Google は新たに2つ公開した。1つは Speed Scorecard(スピード スコアカード)、もう1つは Impact Calculator(インパクト カリキュレータ)。競合との比較には Speed Scorecard を、そしてスピード改善が収益に与えるインパクトには Impact Calculator を使う。

「Webコンテンツはもうダメだよね」にSEOのレジェンドが反論【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。「コンテンツが増えすぎたせいで、もうマーケ的には Web コンテンツの価値は下がったよね」という意見を、元 Moz のランド・フィッシュキン氏が明確に否定している。ほかにも、「グーグル画像検索結果表示の変更で SEO がはかどる?」「全ページ共通のテキストで重複コンテンツ?」「ローカル SEOの成功事例」「AMP 最新情報」「最新技術を使った PW Aの威力」などなど、SEO に役立つ情報をまとめてお届け。

▲ページの一番上に戻る