UX・IA・CRO・EFO

2021年5月、Core Web VitalsがページエクスペンリエンスシグナルとしてGoogleのランキング要因になる

2021 年 5 月に Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)がランキング要因になる。

Publisher Ads Audits for Lighlthouseで広告が発生させる大きなCLSを調べる

Publisher Ads Audits for Lighthouse が v1.2.0 にアップデートし、広告に関連した CLS を検出するようになった。

Google Chrome、表示が速いページのリンクに「高速版ページ」のラベルを付ける

ンク先ページが高速に表示されることがわかっているとき、「高速版ページ」のラベルを Chrome が付けるようになる。

iframeのネイティブLazy-loadがウェブ標準に、<iframe>タグにloading=lazy属性を追加するだけで遅延読み込み可能に

<iframe> のネイティブ Lazy-load がウェブ標準になった。<iframe>タグにloading=lazy属性を追加するだけで遅延読み込み可能になる。

ついにSafariが画像フォーマットとしてWebPをサポート! ウェブページの表示高速化に期待

Apple 製ブラウザの Safari がバージョン 14 で WebP を正式にサポートする予定だ。

Core Web Vitalsを計測するChrome拡張がウェブストアからインストール可能に

今見ているページの Core Web Vitals を測定する Chrome 拡張を Chrome ウェブストアからインストールできるようになった。

Search Consoleのスピードレポートが刷新: Core Web Vitalsのデータをレポート対象に

Search Console のスピードレポート が Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)の指標に基づいた状態をレポートするようになった。

Google、ウェブサイトのUX健全性を示すWeb Vitalsを導入。3つの重要指標はLCP/FID/CLS

ウェブで優れたユーザー エクスペリエンスを実現するために “Web Vitals”(ウェブ バイタル)というコンセプトを Google は導入した。LCP と FID、CLS が重要な指標になる。

FirefoxがネイティブLazyloadをサポート、画像の遅延読み込みを簡単に実装可能に

正式版の Firefox 75 が画像のネイティブ Lazy load をサポートした。

Chrome 81に追加された便利な機能――リンク先ページの特定の場所に移動しハイライト表示

Chrome 81 に追加された新機能の 1 つに、リンク先の特定の場所に直接スクロールし指定したテキストをハイライト表示する機能がある。#:~:text= を URL に追加する。