[モバイルSEOツール] PageSpeed Insightsでは合格するのにMobile-Friendly Testでは不合格になる理由

[対象: 中級]

Googleは先日、スマートフォンに対応したページが検索結果が表示された際に、「スマホ対応」(英語では“Mobile-friendly”)のラベルを付けるようにしました。

スマホ向けサイトのユーザビリティとユーザーエクスペリエンスを検証するために2つのツールをGoogleは提供しています。

『[モバイルSEOツール] PageSpeed Insightsでは合格するのにMobile-Friendly Testでは不合格になる理由』の続きを読む

[続報] 重要なコンテンツならタブや展開ボタンで隠さないほうがいい

[対象: 中級]

展開ボタンやタブを利用したデザインで、標準状態では表示されないコンテンツをGoogleは検索結果の対象にしないかもしれないことを昨日の記事で取りげました。

もう少し詳しい内容を、その次のオフィスアワーでJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が説明していました。

『[続報] 重要なコンテンツならタブや展開ボタンで隠さないほうがいい』の続きを読む

展開ボタンやタブに隠れたコンテンツは無視され検索結果の対象にならないかもしれない

[対象: 中〜上級]

展開ボタンマークや切替型のタブやによって既定の状態では隠れているコンテンツを、検索結果の対象に含めないようにGoogleが扱いを変更した可能性があります。

展開することを示すプラスマークや「詳細」といったテキスト、またはタブの切替などで、初期状態で隠れているコンテンツをURLを変えずに表示するデザインがあります。
たいていは、JavaScriptやCSSで実装されます。

隠れたコンテンツが展開することを示すプラスボタン
プラスボタンで展開する前

『展開ボタンやタブに隠れたコンテンツは無視され検索結果の対象にならないかもしれない』の続きを読む

TwitterがSEO重視に方針転換、検索トラフィックを10倍に伸ばすことに成功

[対象: 中級]

Twitterは、検索エンジンからのトラフィックを増やすための施策でアクセス数を10倍に増やすことに成功したそうです。
1か月あたりの実数値で予想すると、750万アクセスから7,500万アクセスへの増加になります。
11月12日に開催されたTwitter Analyst Dayで明らかになりました。

ハッシュタグ (#) ページを検索エンジンに開放

もともとTwitterは、検索エンジンのコンテンツへのアクセスに制限をかけていました。
特にGoogleに対しては、リアルタイム検索の終了以後顕著だったように思われます(後述)。
robots.txtでクロールをブロックすることさえしてきました。

『TwitterがSEO重視に方針転換、検索トラフィックを10倍に伸ばすことに成功』の続きを読む

Google、スマホ対応のラベルを検索結果に表示。モバイルフレンドリーの条件がランキング要因になる可能性も

[対象: 全員]

スマートフォン端末での表示に最適化されたページがモバイル検索結果に表示されるときに、「スマホ対応」というラベルをGoogleはスニペットに追加するようにしました。

また将来的には、”モバイルフレンドリー”の条件をランキング要因として利用する可能性があります。

「スマホ対応」のラベル

『Google、スマホ対応のラベルを検索結果に表示。モバイルフレンドリーの条件がランキング要因になる可能性も』の続きを読む

「ソフト404検出の変更」や「ネガティブSEO対策のリンク否認」など #SMX Milan でGoogleジョン・ミューラーに質問してきた

[対象: 全員]

昨日の記事に続いて、スイスのGoogleから参加していたJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏にSMX Milan 2014で聞いてきた質問とその回答をシェアします。

ソフト404の検出方法の変更やネガティブSEO対策のリンク否認ツールの使い方など、今日のQ&Aにも有益な情報が詰まっているはずです。

では行ってみましょう!

『「ソフト404検出の変更」や「ネガティブSEO対策のリンク否認」など #SMX Milan でGoogleジョン・ミューラーに質問してきた』の続きを読む

「無断コピー対策」「JSブロックはスパムにならない」などGoogleのジョン・ミューラーにたくさん質問してきた at #SMX Milan 2014

[対象: 全員]

お知らせしていたように、11月13日〜14日に伊ミラノで開催されたSMX Milanに参加してきました。

スイスのGoogleからJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がスピーカーとして招かれました(チューリッヒからミラノまでは電車で3時間くらいなんだそうです)。
ミューラー氏に、たくさんの質問を直接聞いてきて回答を得てきました。
今日と明日の2回に分けてブログ読者のあなたとシェアします(2回に分けるくらいたくさん質問してきた)。

役立つ情報がふんだんに含まれてることを約束します。

『「無断コピー対策」「JSブロックはスパムにならない」などGoogleのジョン・ミューラーにたくさん質問してきた at #SMX Milan 2014』の続きを読む

SEOはテキストの最適化からエンティティの最適化へ at #SemTechBiz 2014

[対象: 上級]

SemTechBiz 2014 カンファレンスのセッションレポートの第2弾です。
Barbara Starr(バーバラ・スター)氏のセッションと2本立てで構成された、Bill Slawski(ビル・スロースキ)氏によるセマンティック検索をテーマにしたもう1つのセッションになります。

Semantic Search by  and Barbara Starr & Bill Slawski

テキストを対象にしていた昔のSEO

『SEOはテキストの最適化からエンティティの最適化へ at #SemTechBiz 2014』の続きを読む

Google、「ニューストピック」を全世界で導入。ニュースサイトじゃなくてもユニバーサル検索に表示

[対象: 中級]

Googleは、Googleニュースに登録されていないサイトのコンテンツもニュースのユニバーサル検索結果に表示するようになりました。

米Google (google.com) では、10月に導入された仕様です。
日本を含むグローバルで展開していることを確認しました。

日本でのラベルは「ニュース トピック」

『Google、「ニューストピック」を全世界で導入。ニュースサイトじゃなくてもユニバーサル検索に表示』の続きを読む

セマンティックウェブで検索エンジンはアンサーエンジンへと進化する at #SemTechBiz 2014

[対象: 上級]

今年の8月19日〜21日に米サンディエゴで開催された Semantic Technology & Business Conference (SemTechBiz) 2014参加しました。

この記事では、検索におけるセマンティックをテーマにしたセッションをレポートします。
スピーカーは、セマンティックウェブの世界では著名なBarbara Starr(バーバラ・スター)氏と、検索エンジン会社が申請・取得した特許分析の第一人者、Bill Slawski(ビル・スロースキ)氏です。

Semantic Search by  and Barbara Starr & Bill Slawski

『セマンティックウェブで検索エンジンはアンサーエンジンへと進化する at #SemTechBiz 2014』の続きを読む