HTTPSでインデックスされるべきURLの80%以上がHTTPのまま、原因は不適切な正規化

Googleのゲイリー・イリーズによると、HTTPSでインデックスされるはずのURLうち、80%以上がHTTPでインデックスされているとのこと。HTTPSへの正規化ミスが原因。また、壊れた証明書を使っているページには検索結果で警告を表示する実験を行っているそうだ。

▲ページの一番上に戻る