rel=canonicalで正規化した重複URLが検索結果にインデックスされる理由

[対象: 初級]

rel=”canonical”で正規化しているにもかからわず、重複URLが検索結果にインデックスされることがあります。

どうしてなのでしょうか?

rel=”canonical”は第2段階、第3段階の処理

『rel=canonicalで正規化した重複URLが検索結果にインデックスされる理由』の続きを読む

ペンギンアップデートにやられたサイトを別ドメインで新規に作り直す安全な方法

[対象: 上級]

過去に積み上げてきた不正なリンクがペンギンアップデートによって見破られ、どんなに頑張っても削除しきれずにそのドメイン名での運用を断念し、新しいドメイン名のサイトでゼロからやり直そうと決断したとします。

このとき過去の負債を引きずりたくありません。
つまりリダイレクトを使えません。

とはいえ、何も対処しない状態で新規にサイトを公開したら、以前のサイトに訪問したユーザーには気付いてもらえません。

『ペンギンアップデートにやられたサイトを別ドメインで新規に作り直す安全な方法』の続きを読む

Googleが文字入力不要のreCAPTCHA、“No CAPTCHA reCAPTCHA”を公開

[対象: 中〜上級]

Googleは文字の入力を必要としない、新しいreCAPTCHAのAPIを公開しました。
No CAPTCHA reCAPTCHA」と名付けています。

英語版のウェブマスター向け公式ブログで発表がありました。

従来のreCAPTCHAは人間であることを文字入力で証明

『Googleが文字入力不要のreCAPTCHA、“No CAPTCHA reCAPTCHA”を公開』の続きを読む

Googleジョン・ミューラーによるサイト診断 at #SMX Milan 2014

[対象: 全員]

伊ミランで開催されたSMX Milan 2014に先月参加しました。
このカンファレンスでは、参加者から事前に募ったサイトを診断するサイトクリニックのセッションがありました。
そのセッションのなかで、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がどんな点を中心にサイトをチェックしたかをこの記事で紹介します。

サイト診断するジョン・ミューラー

全サイト共通でチェック

『Googleジョン・ミューラーによるサイト診断 at #SMX Milan 2014』の続きを読む

Google、ペンギンアップデート (3.0) 更新を依然として継続中

[対象: 上級]

10月下旬に実施したペンギンアップデートの更新 (3.0) の展開を依然としてGoogleは継続中です。
Search Engine RoundtabelのBarry Schwartz(バリー・シュワルツ)氏がGoogleに確認をとりました。

ペンギンアップデートの新たな更新では?と思わせるような順位変動が11月の終わりに起こっていました。
シュワルツ氏がGoogleに問い合せたところ、次のような返答があったとのことです。

ペンギンアップデートの展開は継続している。これ(順位変動)は単にその影響によるものだ。

『Google、ペンギンアップデート (3.0) 更新を依然として継続中』の続きを読む

モバイルSEOに役立つGoogle純正ツール×5

[対象: 初〜中級]

この記事では、モバイル向けサイトのユーザビリティやユーザーエクスペリエンスの向上に役立つ、Googleが提供する公式ツールを5つ紹介します。

  • Chrome
  • PageSpeed Insights
  • Mobile-Friendly Test
  • Fetch as Google
  • モバイルユーザビリティ レポート

順に説明します。

『モバイルSEOに役立つGoogle純正ツール×5』の続きを読む

スマホ対応ラベルの適用条件・オーソリティの必要性・モバイルUXの問題をGoogleのイリーズ氏が説明

[対象: 全員]

Stone Temple ConsultingEric Enge(エリック・エンガ)氏がGoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏にインタビューしました。
その内容をブログで公開しています。

9個のQ&Aがあります。
この記事では、そのなかから、僕たちの今の最大の関心事である“モバイル”に関するものを3つ紹介します。

なお逐一の訳ではなく、要点を絞って簡潔にまとめています。

『スマホ対応ラベルの適用条件・オーソリティの必要性・モバイルUXの問題をGoogleのイリーズ氏が説明』の続きを読む

[モバイルSEOツール] PageSpeed Insightsでは合格するのにMobile-Friendly Testでは不合格になる理由

[対象: 中級]

Googleは先日、スマートフォンに対応したページが検索結果が表示された際に、「スマホ対応」(英語では“Mobile-friendly”)のラベルを付けるようにしました。

スマホ向けサイトのユーザビリティとユーザーエクスペリエンスを検証するために2つのツールをGoogleは提供しています。

『[モバイルSEOツール] PageSpeed Insightsでは合格するのにMobile-Friendly Testでは不合格になる理由』の続きを読む

[続報] 重要なコンテンツならタブや展開ボタンで隠さないほうがいい

[対象: 中級]

展開ボタンやタブを利用したデザインで、標準状態では表示されないコンテンツをGoogleは検索結果の対象にしないかもしれないことを昨日の記事で取りげました。

もう少し詳しい内容を、その次のオフィスアワーでJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が説明していました。

『[続報] 重要なコンテンツならタブや展開ボタンで隠さないほうがいい』の続きを読む

展開ボタンやタブに隠れたコンテンツは無視され検索結果の対象にならないかもしれない

[対象: 中〜上級]

展開ボタンマークや切替型のタブやによって既定の状態では隠れているコンテンツを、検索結果の対象に含めないようにGoogleが扱いを変更した可能性があります。

展開することを示すプラスマークや「詳細」といったテキスト、またはタブの切替などで、初期状態で隠れているコンテンツをURLを変えずに表示するデザインがあります。
たいていは、JavaScriptやCSSで実装されます。

隠れたコンテンツが展開することを示すプラスボタン
プラスボタンで展開する前

『展開ボタンやタブに隠れたコンテンツは無視され検索結果の対象にならないかもしれない』の続きを読む