Twitterのリアルタイム検索をGoogleが正式公開、まず米国のモバイル検索でリリース

Googleは、Twitterのツイートをリアルタイムで検索結果に表示するようにした。一部のユーザーを対象にしたテストが行われていた機能の正式公開。検索クエリに関連性が高いと判断したときに、ツイートを検索結果に差し込む。ほぼリアルタイムで、投稿されたばかりのツイートも対象。google.comでの英語によるクエリで、Googleアプリまたはモバイルブラウザから利用可。

Google、コンテンツ品質に関わる「クオリティ アップデート」を5月初めに実施済み

コンテンツの品質評価に関わるアルゴリズムを5月の初めに更新していたことをGoogleは明らかにした。Googleからコメントを得たSearch Engine Landはこれを「Quality Update(クオリティ アップデート)」と名付けた。どのようにコンテンツの品質を評価するようになったのかは不明。パンダアップデートとの類似点が多く見られる。

ツイッターの投稿がモバイル検索に出現、リアルタイム検索のテストをGoogleが開始

Googleは、Twitterの投稿をモバイル検索に表示する小規模なテストを行っていることを明らかにした。GoogleとTwitterは今年初めに提携(再提携)することで合意している。この提携により、すべてのツイートをGoogleはリアルタイムに入手できるようになっている。ただし詳しい内容は不明。

モバイルフレンドリーアップデートで海外SEO情報ブログはどのくらい順位が下がったのか?

モバイルフレンドリーアップデートの実施後に、PC検索とモバイル検索の間でどのくらいの順位下落が、スマホ対応していないこのブログに発生しているのかを“生のデータ”で紹介する。結論をいうと、幅広いクエリで、順位の下落が発生している可能性が高そう。しかし、順位の下落幅はほとんどのクエリで微々たるもの。

Google、App Indexingアプリのインストールボタンをモバイル検索に表示、全ユーザーに対してランキング要因に

Googleは、アプリをインストールしていなくても関連性が高いと判断した場合には、App Indexingに対応しているアプリのインストールボタンを検索結果に表示するようにした。また、すべてのユーザーに対してApp Indexingをランキングシグナルとして利用するようにもした。

モバイルフレンドリーアルゴリズムは10本の青色リンクだけが対象、ローカル検索やニューストピックには影響せず

まもなく導入されるGoogleのモバイルフレンドリーのアルゴリズム更新は、通常のウェブ検索が適用の対象。ローカル検索のパック結果やニューストピック、In-depth articlesなどウェブ検索に差し込まれる形式の、タイプが異なる検索の結果には影響を与えない。

▲ページの一番上に戻る