Google SEO

Search Consoleから送られたSharedArrayBuffer警告

「SharedArrayBuffers の使用に必要な新しい要件」という件名で一部のサイトに Google Search Console から警告が送られている。警告の意味と対処方法を説明する。

robots meta タグを省略したページをGoogleはどのように処理するのか? noindexがないとどうなる? nofollowがないとどうなる?

robots meta タグに関する技術ドキュメントを Google は更新した。

Google、動画SEOのベストプラクティスを公開。YouTube動画と技術ドキュメントで解説

動画 SEO に役立つ新しいリソースを Google は公開した。YouTube の動画と検索セントラルでの技術ドキュメントでベストプラクティスを解説している。

Google、ホテル検索の掲載を無料化

ホテル検索でのリスティングを Google は無料化した。ホテルやトラベルサイトは料金を請求されることなく、提供する部屋をホテル検索結果に掲載できる。

JavaScript挿入したrel=canonicalをGoogleは処理できる

JavaScript によって挿入した rel=canonical を Google は認識、処理できる。サポートしなかったのは昔の話だ。

一連のニュース記事をまとめる「Full Coverage」、Googleがウェブ検索にも導入

Google は Full Coverage(フル カバレッジ)をウェブ検索にも導入した。Full Coverage は 1 つのトピックに関連したニュースをまとめて掲載する特別なセクション。2018 年に、米 Google のニュース検索で導入された。

robots.txtはインデックス拒否に使える?使えない?

robots.txt は、検索エンジンのクロールを拒否する仕組みであって、インデックスを拒否する仕組みではない。そうかと言って、インデックス拒否にまったく役立たないということでもない。

ECサイトのGoogle SEOで必須、固有商品IDとしてGTINを追加する

商品を販売しているサイトに対して固有商品 ID を提供するようにと Google は検索セントラル公式ブログで勧めた。固有商品 ID によって、その商品が何であるかを正確に特定できるようになるからだ。

現在のGoogleはスパムを無効にするだけ、順位を下げることはめったにない

Google がスパム行為を発見した場合、そのページを検索結果から完全に削除することは今はめったにない。ほとんどの場合は、スパムがランキングに与える効果を無効にするだけ。

Google、画像検索を改良――重複を減らし、多様性を確保

Google は画像検索を改良した。2 つの改良があり、どちらも検索結果の多様性に影響する。