内部SEOにかかわるHTMLタグの最適化として、真っ先に取り掛かるのは、Titleタグ、H1タグ、Meta Descriptionタグ、この3つではないでしょうか(Yahoo!の場合は、Meta Keywordsタグも入りますかね)。

それぞれにキーワードを含んだほうがいいのは分かりますが、まったく同じではいけませんし、キーワードの詰め込みすぎも避けるべきです。

ユーザーにとって分かりやすく、興味を持たせるようなコピーも大切です。

WebmasterWorldのアドミニストレータ、tedster氏が、Titleタグ、H1タグ、Meta Descriptionタグの上手な使い方に関してアドバイスしています。

  • CMSを使っているとTitleタグとH1タグが同一になることがあるが、H1タグはもう少し詳しくした方がよい。
  • キーワードを狙い過ぎたSEOによるペナルティは、アンカーテキストによるものがほとんどのようで、TitleタグとH1タグが同一だったり、Meta Descriptionタグに同じキーワードが入っていてもさほど問題にはならない。
  • ただしMeta Descriptionタグは、TitleタグやH1タグより長くするべき。
  • 完全に同じではなく、似通った感じにしておくほうが反応がよい。
  • キーワードだけのTitleタグはスパムっぽく見えるし、クリックされづらい。
  • ユーザーが検索したキーワードが、Meta Descriptionタグに含まれていない時は、ウェブページ内のどこかから抽出されたのコンテンツが、スニペットとして使われる。
  • Googleは、Meta Descriptionタグを重要な指標として利用している。Meta Descriptionがなかったり、短かったり、他のページと重複していると補足インデックスに格納されてしまう。
    補足結果入りの回避についてはこちらも参照

Titleタグ、H1タグ、Mete Descriptionのいずれにせよ、キーワードだけを意識した記述というのは(たとえスパム判定を受けないにしても)スパミーだし、ユーザーへの惹きつけが弱くなります。

TitleタグやMeta Descriptionタグは、ユーザーの興味を引くような記述にするべきです。
SEOをとるか、ユーザーの惹き付けをとるかに悩んだら、僕は間違いなく「惹き付け」を選びます。
上位に表示されてもクリックされなかったら、意味がありませんよね(誇大な記述による無理やりの誘導は別)。

TitleタグとMeta Descriptionの書き方のTIPSは、過去のエントリを参考にしてください。

また、H1タグはSEO(キーワード)を意識するよりも、本来の「見出し」の目的を前提として、ユーザーに以降に続く文章が何について書かれているかを想起させる記述にすべきです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Titleタグ、H1タグ、Meta Descriptionタグの最適化

Comments

  1. By 逆SEO on

    ・内部要因としてヤフーカテゴリー説明文は重要

    Yahoo!の場合は、鈴木さんのおっしゃるとおりMeta Keywordsタグも重要ですよね(これはとくにおもしろい論点です)。
    さらに、一般にはあまり注目されていませんが、Yahoo!の場合は、「ヤフーカテゴリのタイトル」と「ヤフーカテゴリの説明文」そして「ヤフーカテゴリのフォルダ名」がTitleタグの次ぐらいに重要かもしれません。ビジネス・エクスプレスでヤフカテ登録をすることが重要だといっているのではなく(もちろんそれも重要ですが)、ここで指摘したいのは、ヤフカテ登録するときに、Yahoo!のスタッフがいつも申請どおりに記述してくれないヤフカテ・ページ内の「タイトル」と「説明文」のことです。
    このヤフカテの「タイトル」「説明文」「フォルダ名(カテゴリ名)」は順位に影響しています。コンテンツ内部の要因ではなくコントロールできないので「内部」と呼ぶには変かもしれません。しかしヤフカテ「説明文」はスニペット説明文の最初に出てくることになるのでいちばん重要です。「説明文」に狙っているキーワードが入っているか、いないかは順位に影響しています。それほど大きな影響ではありませんが無視できない影響のはずです。さらにいえば「説明文」の「先頭」にキーワードがある場合が最適です。この「説明文」だけで上位表示されるサイトもあるほどです。
    それではヤフカテ「タイトル」のほうはどうかというと、サイト内のtitleタグが変われば、自動的にスニペットのタイトルも変わるので、こちらのほうは問題ありません。しかしtitleタグを変えないと申請時のヤフカテ「タイトル」がそのままスニペットのタイトルとなり続けます(Yahooモバイルではこのヤフカテ「タイトル」が決定的に重要となりますし、自動的には変わりませんのでやっかいです)。
    もしもヤフカテ申請時に運悪くYahoo!のスタッフがヤフカテ「説明文」にキーワードを入れてくれなかったら、どうするか?「noydir」で説明文を読み込まずにDescriptionを最初に読み込ませるか、もう一度Yahoo!に「説明文」の修正申請をすること(・・・時間がかかるし、申請どおりになるとは限らない)しかありません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    貴重な情報を詳細にわたって説明してくれて、ありがとうございます。
    他のブログ読者にも一読してほしい内容です。

▲ページの一番上に戻る