Googleには、1つのページに向けられたリンクが同じページに複数あるとき、最初のリンクだけをカウントする(評価対象にする)という現象があります。

先日発刊された『SEO SEM Technique Vol.6』の僕の記事でも取り扱っています。

これを踏まえたうえで、Googleヘルプフォーラムのこちらのスレッドを読んでください。

※ページ下部の「○件の回答すべてを表示するか、回答を投稿します…」のリンクをクリックして、すべての回答を展開してください。

Google社員のKyotaroさんのコメントを引用します。

アンカーテキストについて、少し誤解が生じているようなので補足させてください。

Google はクロールしたページ内の全てのリンクを認識し評価しています。その際、ユーザーにとって分かりやすいリンクをより重要だと判断します。アンカーテキストに関しては、ユーザーがリンク先の内容を把握しやすいテキストにすることをお勧めします。

“Google はクロールしたページ内の全てのリンクを認識し評価しています”という発言に対して、別スレッドが立てられました。

nofollowはPageRankを渡さないだけで、リンク先の評価は大なり小なりするという事で理解しても良いでしょうか?
それでは禁止されている有料リンクもnofollowが付いていたとしてもリンク先自体は評価される
という事になるのでしょうか?私が誤解、早とちりをしているかもしれませんが・・・

「評価」というのはどいう評価なのかが分かりかねます。詳細伺いたく存じます。

※発言者の訂正に基づき一部編集

結局は、「評価」という言葉が意味することの認識の違いが原因でしたが、nofollowはリンク評価を渡しません
(「評価」と聞くと、“すでに価値がある”という前提で評価するようなニュアンスがありますが、ここではそうではなく“価値があるかどうか”を評価するという意味で使われていました。したがって、“nofollowは価値がない(=PageRankを渡さない)”と評価されるわけです。テストの採点で、0点をもらうようなものですね。w)

nofollowのあるなしにかかわらず、リンクとしては認識しています。
しかし、nofollowが付いていると、リンクとしての価値を認めずにリンク先へは、Link Popularity/Link Reputationを与えません。

それは、たとえWikipediaのようなAuthority Site(オーソリティサイト、権威のあるサイト)からリンクが張られていたとしてでもです。

GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が、ビデオでも明言しています。

したがって、ヘルプフォーラムでの清音さんのコメントが適切と言えます。

Googleヘルプの「概要rel=nofollow」には、nofollowリンクの処理の仕方として、「Google ではこれらのリンクをたどりません。つまり、これらのリンクの PageRank やアンカー テキストを転送しません。」と明確に記されています。これが、Googleの公式見解であることに間違いはないでしょう。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?hl=jp&answer=96569

Googleにおいては、nofollowが付いていた場合、例外なしにPageRankやアンカーテキストを渡さないと理解しておいていいでしょう。

P.S.
「Googleは最初のリンクだけを評価する」ですが、状況によってはkyotaroさんのコメントのように、必ずしも適用されるとは限らないようです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Wikipediaだろうが何だろうが、nofollowはPageRankを渡さない

Comments

  1. By on

    初めまして、

    ソーシャルブックマークによるリンクに関しては、ノーフォローリンクでも被リンクによる評価向上可能性があるのでしょうか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    記事でも書いているように、nofolowリンクはPageRankを渡しません。

    ただソーシャルブックマークでの露出がインパクトがあれば、ダイレクトのトラフィックが生まれるでしょう。

    また、ソーシャルブックマークで知った記事を自分のサイトから、nofollowなしの通常リンクで紹介してくれるかもしれません。

  2. By on

    リプライありがとうございます。
    いつも鈴木さんの情報に感動しています。
    自分も勉強頑張ります。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    はい、お互い頑張ってブログ更新を続けましょう!

▲ページの一番上に戻る