[対象: 中級]

Googleは、Googleマップの検索結果にナレッジグラフからの情報を表示するようにしました。

公式なアナウンスは出ていませんが、Search Engine Landの問い合わせに対してGoogleが認めたとのことです。

【UPDATE】
Googleマップの公式Google+アカウントがアナウンスしました。

 

概要などの情報をナレッジグラフから挿入

ナレッジグラフに出ている施設や場所をGoogleマップで検索すると「概要」(英語では「Quick Facts」)と書かれたスニペットが見えます。

Googleで東京ディズニーランドを検索

ここをクリックするとナレッジグラフに出ている説明文とその他の情報が展開表示されます。

ナレッジグラフから引用した東京ディズニーランドの概要

ウェブ検索で出てくるナレッジグラフと同じですね。

東京ディズニーランドのナレッジグラフ

ナレッジグラフとの統合はいいアイディアではないでしょうか。

ただ「概要」の部分が控えめで気付かないユーザーがいそうな気がします。
もっと目立つようにしてもいいんじゃないですかね。

Googleマップに出てくる対象が、オーナー確認したGoogle+ローカルページで活動していたらその投稿が表示されるなんてことも将来はあるかもしれませんね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、ナレッジグラフをGoogleマップに挿入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る