ランキングには関係ないと理解しつつも、どうしても気になってしまうのがGoogleツールバーのPageRankです。

先週末あたりに、PageRankが突然「0」になってしまって青ざめたWebマスターはいませんか?

海外のフォーラムで、PageRankが下がった(その多くは「0」)という報告が相次いでいます。
WebmasterWorld, DigitalPoint Forums(1), DigitalPoint Forums(2), Google Webmaster Help

結論から言うと、慌てる必要はありません。そのうち元に戻るだろうし、戻らなくても検索順位に与える影響はありません。

PageRankが0になる件について書いたlouisgray.comの記事に、GoogleのMatt Cutts氏が次のようにコメントしています。

We’re pushing PageRank canonicalization updates (as opposed to PageRank values) much more regularly these days, so my first response in a situation like this is to say “Don’t Panic,” especially if your site hasn’t been selling any links that pass PageRank. Normally new canonicalization maps are pushed a few days later and that will often resolve things.


“僕たちは、最近はもっとずっと定期的にPagaRankの正規化の更新を(PageRankの評価とは対照的に)推し進めている。だから、この状況での僕の初めの返答としては、「パニックを起こすな」と言いたい。特にサイトがPageRankを渡すリンクを売っていないなら、なおさらだ。通常は、新しい正規化のマップが数日遅れで押し込まれて、問題が解決することが多い。”

「canonicalization(正規化)」というのは、WWWあり・なしの統一index.htmlあり・なしの統一のように、同じページへのURLが複数存在するときに1つに統一することを指していると思われます。

PageRankの値の変更ではなく、言い換えればPageRankの更新ではなく、データの整合性を取っているようです(Googleは、ツールバーPageRankのアップデートはだいたい3カ月おきと、常に言っています)。

最初にも書いたように、心配することはありません。
PageRankが下がったのと同時期にアクセス数も下がっていたとしたら、原因は別のところにあります。

ツールバーのPageRankが、上がったときには素直に喜んでいいと思います。

でも、下がったとしても、気分的には悲しいかもしれませんが、「あら残念」くらいな気持ちで軽く受け流すのが賢明な反応です。

GoogleツールバーPageRank依存症から抜け出すのが、SEO上級者への第一歩です。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › GoogleツールバーのPageRankが「0」になった

Comments

  1. By on

    初めまして、いつも有益な情報をありがとうございます。
    PageRank 0 はびっくりしました。
    それと、気づいたのですが。
    今まででしたら例えば
    http://www.example.com/ と
    http://www.example.com/index.html は同じページランクだったのに、違うページランクになっていますね。
    なんか、今後大きなアルゴリズム変動の予感がしますね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    http://www.example.com/とhttp://www.example.com/index.html は同じページランクだったのに、違うページランクになっていますね。

    それは、正規化の問題でしょう。
    http://www.suzukikenichi.com/blog/canonicalization-of-indexhtml-and-non-indexhtml/

▲ページの一番上に戻る