[レベル: 中級]

旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console への切り替わりに伴う、ツールと機能の移行状況について Google はウェブマスター向けブログで説明しました。

移植とともに改善されるもの、置き換わるもの、廃止されるものなどさまざまです。

クロールエラー

単独でのクロールエラーレポートは廃止されます。
代わりにクロールエラーは、インデックスカバレッジ(と URL 検査ツール)で確認できます。

以前に紹介したように、新しい Search Console では、レポートされるクロールエラーは重要なエラーに限られます。
たとえば、サイトマップで送信した URL が 404 を返しているときです。
404 以外のそのほかのクロールエラーに関しても、すべてのエラーをレポートはしません。

またクロールエラーレポートの廃止に伴い、クロールエラー API の提供も終了します。
今のところは、代わりの API を提供する予定はありません。

サイトマップ

サイトマップレポートは以前よりも使いやすいデザインになりました。
インデックスカバレッジとも連携し、サイトマップ単位でインデックス状況を把握できます。

現状では、画像および動画のサイトマップを新しい Search Console では送信できません。
サポートに向けて取り組んでいます。

URL 検査ツール

Fetch as Google は URL 検査ツールに置き換わります。

URL 検索ツールは、現在インデックスされている URL の状況をレポートします。

また、現在公開されている URL のライブテストも実行できます。
URL をインデックスに送信することもできます。

ライブテストでは、Googlebot が認識する HTML コードの確認と JavaScript エラー、HTTP レスポンスそしてスクリーンショットの機能も先日追加されました。

ユーザー管理

ユーザー管理へのアクセス方法と設定方法を改善しました。

構造化データ

構造化データ レポートはリッチリザルト レポートに置き換わります。
現在は、次のリッチリザルトの構造化データをサポートしています。

  • 求人
  • レシピ
  • イベント
  • Q&A ページ

そのほかのリッチリザルトの構造化データもサポート予定です。

旧 Search Console の構造化データレポートとは異なり、リッチリザルトで利用されていない構造化データはレポートしません。
リッチリザルトだけが対象です

廃止予定の機能

次の機能は廃止予定です。
新しい Search Console に移植されません。

  • HTML の改善――混乱させるだけの、無益どころか有害なツール(とは、公式ブログには書かれていない😁)
  • プロパティ セット――ごく一部のユーザーには使い勝手があった機能だけれど幅広く使われていないので廃止。代わりにドメイン全体をレポートする機能を提供予定(おそらくこの機能
  • Android アプリ――App Indexing のことと思われる。数年前に Firebase に移管
  • ブロックされたリソース――クロールが拒否された JavaScript と CSS は URL 検査ツールで確認可能

これら変更の 3 月完了を Google は目指しているとのことです。

旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console の機能比較はヘルプページで詳しく言及されています。
日本語ページは更新が遅れることもあるので、最新の状態を知りたい場合は英語ページを参照することを推奨します(この記事を書いてる時点でも差異あり)。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › 旧バージョンのSearch Consoleから新バージョンのSearch Consoleの移行状況は今どうなっているのか?

▲ページの一番上に戻る