[レベル: 初級]

新しい Search Console は、サイトに影響を与える可能性があるクロールエラーだけをレポートするようになっています。
旧 Search Console は、Googlebot が検出したすべてのエラーをレポートしていました。

インデックスカバレッジにレポートされているエラー

インデックス カバレッジ レポートのエラーは重要なもののみ

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏によれば、旧 SC のクロール エラー レポートとは異なり、新 SC のインデックス カバレッジ レポートはすべてのエラーを表示しなくなっているそうです。

理由の1つは、すべてのエラーをレポートすると、たとえ無視できるものであってもそれにとらわれすぎて本当に重要な問題を見過ごしてしまうウェブマスターがいるからです。

たとえば、どこからもリンクしていないはずだし、サイトマップにも載せていないはずの URL を Googlebot がクロールして 404 を大量に返すことがあります。
存在しないページが 404 を返すことは当然のことで、404 が検索に悪影響を与えることは普通に考えるとありません

にもかかわらず、404 エラーがレポートされると、原因は何か、エラーを消すにはどうしたらいいのかの対処方法を必死になって探す人が出てきてしまいます。
ヘルプフォーラムでも頻繁に見かける相談です。

本当に存在しない URL であれば 404 は無視できるわけですが、全員が全員そのことを知っているわけではありません。
「エラー」と聞いて不安になるのは無理もないことです。

こうした状況も踏まえて、新 SC では、対応が必要かもしれないエラーだけをレポートするようになりました。
明らかに重要でないエラーはもはやレポートされません。

無用な不安を煽ることがなくなったのは良いことです。

逆に言えば、インデックスカバレッジにレポートされるエラーは検索結果に悪影響を与える可能性が高いと言えます。
早急に調査し、本当に問題があることが判明したら確実に解消する必要があるでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › 新しいSearch Consoleはすべての404をレポートしない、影響を与える可能性があるエラーだけをレポートする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る