ブラウザ・SEOツール

Google、サードパーティCookieの代替技術としてFLoCのオリジントライアルを日本でも開始

FLoC の試験提供を日本を含む少数の国でオリジン トライアルとして Google は開始した。FLoC とは "Federated Learning of Cohorts" の略称で、サードパーティ Cookie の代替技術として Google が開発した。

Chrome 90 からはセキュアな https:// 接続がデフォルトに

Chrome 90 からは、プロトコルを指定しないときの接続は https:// がデフォルトになる。

Search Consoleから送られたSharedArrayBuffer警告

「SharedArrayBuffers の使用に必要な新しい要件」という件名で一部のサイトに Google Search Console から警告が送られている。警告の意味と対処方法を説明する。

PageSpeed InsightsがHTTP/2をサポート。スコアが良くなっているかも?

PageSpeed Insights が HTTP/2 をサポートするようになった。サーバーが HTTP/2 をサポートしていれば、PageSpeed Insights は HTTP/2 を使う。

Chromeの便利な2つの(やや)新しい機能: QRコード作成とテキストフラグメントURL作成

Chrome の便利な機能を 2 つ紹介する――「QR コード作成」と「テキストフラグメント URL 作成」

ChromeのPWAインストール要件が変更に、オフライン対応必須。Chrome 89で警告

Chrome での PWA インストールの要件が変更になる。オフラインを実際にサポートしている必要がある。Chrome 93 で変更が適用される予定で、89 ではオフラインサポートしていないと警告が出る。

Chromeデベロッパーツールでコア ウェブ バイタルを常に計測するHeads-Up Display (HUD) 機能

Chrome のデベロッパーツールで、今閲覧しているページのコア ウェブ バイタルを常に表示できるようになる。「HUD: Heads-Up Display(ヘッドアップ ディスプレイ)」という機能だ。

パフォーマンス測定に必須のLighthouseがChrome 89で日本語化される

Chrome のデベロッパーツールにある Lighthouse が日本語で利用できるようになる。Chrome 89 でアップデートされる Lighthouse 7 から。

Chrome88のデベロッパーツールのレコーディング機能でウェブバイタルの情報を記録できるように

ウェブ バイタルを記録するオプションが、安定版 Chrome 88 のデベロッパー ツールの [Performance] レコーディング機能に追加された。

ChromeでHTTPS接続がデフォルトになるかも、HSTSはもう不要?

Google Chrome が HTTPS をデフォルトのプロトコルとしてウェブページに接続するようになるかもしれない。