ブラウザ・SEOツール

パフォーマンス測定に必須のLighthouseがChrome 89で日本語化される

Chrome のデベロッパーツールにある Lighthouse が日本語で利用できるようになる。Chrome 89 でアップデートされる Lighthouse 7 から。

Chrome88のデベロッパーツールのレコーディング機能でウェブバイタルの情報を記録できるように

ウェブ バイタルを記録するオプションが、安定版 Chrome 88 のデベロッパー ツールの [Performance] レコーディング機能に追加された。

ChromeでHTTPS接続がデフォルトになるかも、HSTSはもう不要?

Google Chrome が HTTPS をデフォルトのプロトコルとしてウェブページに接続するようになるかもしれない。

Big Sur搭載のSafariはWebP画像を標準サポート、AVIFもサポートしてくれるかも

macOS Big Sur(マックオーエス ビッグサー) を搭載した Mac の Safari はデフォルトで WebP 画像をサポートする。

混合コンテンツとおさらば、HTTPで配信する画像をChromeがHTTPSに自動アップグレード

Google Chrome で混合コンテンツを心配する必要はもうない。HTTPS ページなのに HTTP で配信されたコンテンツを、自動的に HTTPS で読み込んでくれる。

Google Podcastsマネージャーでポッドキャストの検索パフォーマンスを分析可能に

Google Podcasts Manager(ポッドキャスト マネージャ)で、検索パフォーマンスのレポートを利用できるようになった。配信しているポッドキャストの検索結果での表示回数やクリック数、検索クエリなどの情報を入手できる。

テキストフラグメント付きURLをサクッと作れるブラウザ拡張/アドオン

テキスト フラグメントが付いた URL を簡単に作成するブラウザの拡張機能を紹介する。

iOS版SafariがWebP画像をサポート、でもMacOS版はまだ

iOS 版 Safari が WebP をサポートした。しかしながら、MacOS 版 Safari は未サポートのまま。

Publisher Ads Audits for Lighlthouseで広告が発生させる大きなCLSを調べる

Publisher Ads Audits for Lighthouse が v1.2.0 にアップデートし、広告に関連した CLS を検出するようになった。

Chrome86が混合フォームに警告メッセージを表示、自動入力を無効に

Chrome 86 で混合フォームの扱いを Google は変更する。混合フォームに入力しようとすると、オートフィルが無効になり安全ではないことを通知する警告メッセージが出る。