ECサイトで品切れした商品のページをどうすべきか? 200と301、404のどのHTTPステータスコードを返すのがベスト?

ECサイトで、販売している商品が在庫切れになってしまったときのそのページの取り扱いについて解説。欠品状態によって、そのまま(HTTPステータスコード200)か301リダイレクトするか404/410エラーを返すかの選択肢が取れる。

最低2秒、目指すは1秒以内。ウェブサイトを高速化するためのTIPS at #SMX Advanced Seattle 2012

SMX Advanced 2012のセッションからウェブページ表示の高速化のセッションをレポートする。HTTPリクエストを減らす、CSSスプライトを使う、Javascriptをまとめる、リダイレクトを減らすなど。ページスピードはランキング以上にコンバージョン率・ユーザーエクスペリエンスに大きく影響する。

「No」と言わせない、コンバージョンを勝ち取るためのランディングページ最適化 at #SMX London 2012

SMX London 2012からのセッションレポート。コンバージョン率を大幅に向上させるためのランディングページ最適化をこのセッションでは学ぶことができた。“コンバージョン率が2%から3%に上がれば売上は50%アップする。”とは、1人のスピーカーの名言。

フォーム入力をリアルタイムチェックすることでコンバージョン率が22%アップ

「Inline Validation(インライン・バリデーション)」はフォームを入力する際に入力項目が正しいかどうかをリアルタイムでチェックする仕組み。採用するとコンバージョン率が22%向上したユーザーテスト結果がある。インライン・バリデーションをフォーム最適化(EFO)の施策として利用してはどうだろうか。

ネットショップでオリジナルコンテンツを増やして重複コンテンツを減らす方法

ネットショップ・ECサイトではメーカーが配布した説明文をそのまま使うことが多くドメイン間の重複コンテンツになり検索エンジンに評価されない。そこでオリジナルコンテンツを作る方法を4つ紹介する。オリジナルコンテンツは他のサイトとの差別化にもつながりコンバージョン率アップにも役立つ。

お酒に酔った勢いでオンラインショッピングするユーザーが増えている!?

飲酒が、ネットでの購入・注文に影響を与えているようだとオンライン版のニューヨークタイムズが報じている。あなたにも「酔った勢いで買ってしまった」という経験があるのではないだろうか?オンラインショップではお酒の入っているユーザーを狙ってナイトセールを催すと売上が伸びるかもしれない。

▲ページの一番上に戻る