[レベル: 初・中・上級]

特にモバイル向けサイトでは、ユーザー体験改善のための最優先事項として”スピードアップ”が挙げられます。

現状のモバイルサイトがいかに遅く、遅い表示速度がどのくらい悪い影響をユーザー体験に与えているかを調査した結果を Google が公表しました。
「完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れる」「表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇」など興味深いデータが出ています。

モバイルページは遅い、遅いとユーザーは立ち去る

新しい調査による次のような結果に Google はまず言及しています。

  • モバイル向けのランディングページが完全に表示されるまでにかかる時間は22秒
  • 完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れる

全般的に、とにかくモバイルページは遅いということが明らかです。
にもかかわらず、モバイルユーザーは”速いこと”を求めています。
3秒たっても表示されないと半数以上のユーザーは立ち去ります。

遅ければ遅いほど直帰率は悪化

126か国で、モバイル向け広告のランディングページ900,000を対象に調査したところ、次のような結果が出ました。

  • 分析したページの70%は、Above the fold(ファーストビュー)の視覚要素が表示されるまでに7秒近くかかった
  • ページのすべての視覚要素が表示されるまでには、10秒以上かかった

この結果は、大多数のモバイルサイトは遅く、さまざま要素で肥大化しているという仮説を裏付けるものとなりました。

さらに Google は、直帰率とコンバージョン率の関係についてディープラーニングを用いて予測しました。
このディープラーニングのシステムによる予測は、90%の正確性を誇るそうです。

次のような予測が出ています。

  • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇
  • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇
  • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇
  • 表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇
  • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇
  • ページの要素(テキストやタイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、コンバージョン率は95%下がる

表示速度に時間がかかればかかるほど、直帰率が上がっていきます。
直感的に、当たり前といえば当たり前ですね。
しかし、高い予測率を達成している機械学習による裏付けがあると真実性がより確固たるものになります。

軽くすれば速くなる

ページの表示速度を速めるにはさまざまな施策があります。

Google が今回紹介しているのはページの軽量化です。

モバイル向けページのサイズに関して、次のような調査結果が出ています。

  • 70%のページが1MB以上
  • 36%のページが2MB以上
  • 12%のページが4MB以上

3G通信では、1.49MBのデータをロードするのに7秒かかるそうです。
4G回線が普通に利用できる環境が整っている日本ではあまり気にならないかもしれませんが、世界規模で見れば、3G回線(2Gも?)が一般的な国も多いはずです。
“重い”モバイル向けページが遅さの一因になっていることがわかります。

ところが、簡単にできる”減量”があります。

それは圧縮です。
画像とテキストを圧縮するだけで、30%のページは250KB以上を削減可能です。

画像を圧縮するツールがたくさん出回っているし、HTML や CSS を HTTP 圧縮で配信することはスピード改善の常套手段です。

表示速度改善は1つ1つの小さな施策の積み重ねです。
大きな効果を上げる施策もなかにはありますが、できるところから始めましょう。

Google が公表した最新の調査データから、モバイル向けサイトでは表示速度が重要なこと、それなのに現状では遅いことがあらためて浮き彫りになりました。
ユーザー体験の向上のために、スピードアップに積極的に取り組みたいものです。

なお各種データの参照元は今回紹介した記事の終わりに書かれています。
プレゼンやレポートでデータを利用する際に参照元が必要な場合は、そちらを付記できます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 表示速度が1秒→7秒で直帰率は113%↑、モバイル向けサイトのUXはとにかくスピードが命

Comments

  1. By 金城 on

    いつもこちらでSEOの勉強をさせていただいているものです。

    上記の記事で1つ質問がございます。

    “・ページの要素(テキストやタイトル、画像など)が400から600に増えると、コンバージョン率は95%下がる”
    という内容がございます。

    他の項目の”表示速度”が遅くなると○○%コンバージョン下がるというのは
    理解できたのですが、”・ページの要素(テキストや・・・”の項目が
    よく分かりませんでした。

    要素が400から600に増えるというのは、ページのサイズのことなのでしょうか?
    それとも、単純に要素が400個から600個に増えるということなのでしょうか?

    また、この項目で述べていることは、要素が増えることによって、表示速度が
    遅くなり、コンバージョンが下がるということなのでしょうか?
    それとも、ページ単位でコンテンツを増やしすぎると、UXなどの問題で
    コンバージョンが下がるということなのでしょうか?

    大変恐縮ではございますが、ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「数」のことです。
    抜けていました。
    すみません(記事を修正してあります)。

    ここでのテーマはスピードなので、要素が多くなると表示速度が落ち、結果としてCVRが下がるということでしょうね。
    (もちろん過剰なコンテンツはUXを阻害するかもしれませんが、ここではそこまでは入り込んでいないでしょう)。

  2. By きゅー様 on

    MFIで一旦はR要素では無くなる…って情報も割と浸透してますが、そこに対しての重要性の再アプローチにもなりそうでポジティブな公表ですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ランキング要因かどうかに関係なく、スピードは大事ですよね。:)

  3. By 金城 on

    鈴木様

    質問に対する迅速なご回答、誠にありがとうございます。
    内容、理解いたしました。

    最新のSEO情報として鈴木様の情報をこれからも参考に
    して参りたいと考えております。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    同じように、疑問に思っていた人たちがいそうなので、コメントしていただいて助かりました。
    こちらこそありがとうございました。

  4. By 福田拓朗 on

    よく読ませていただきました。Webサイトの高速化は大事とのことで、フォントのサブセット化を私のサイトでも進めないとな、と思いました。
    ところでですが、タイトルで「1秒→7秒」と書いてありますが、こちら「10秒→7秒」もしくは「7秒→1秒」とお間違いになられてはありませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    コメントありがとございます。

    タイトルはこれで正しいですよ。
    表示速度が1秒から7秒になると(遅くなると)、直帰率は113%上がる(悪化する)」という意味です。

    リスト形式で調査データを紹介しているところの「表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇」を矢印を使って説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る