2021年5月、Core Web VitalsがページエクスペンリエンスシグナルとしてGoogleのランキング要因になる

[レベル: 中級]

2021 年 5 月に Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)がランキング要因になります

コア ウェブ バイタルをページエクスペンリエンス シグナルの 1 つとしてランキング要因に組み込むことを Google は予告していました。
約束どおり 6 か月(以上)前に、具体的な日程を公式ブログで発表しました。

Core Web Vitals がページエクスペンリエンス シグナルに組み込まれる

関連性や品質を最も重要な要因として Google はランキングを決定しています。
一方で、近年はユーザー体験もランキングで考慮するようになってきました。

ユーザーが検索結果から訪問したページのユーザー体験、言い換えるとページエクスペンリエンスとして次の要因をランキングシグナルとして Google は現在は利用しています。

  • モバイル フレンドリー
  • セーフ ブラウジング
  • HTTPS
  • 煩わしいインタースティシャルがない

ここに、コア ウェブ バイタルが加わります。

コア ウェブ バイタルは同点決勝

コア ウェブ バイタルがランキング要因になるとはいえ、関連性や品質を凌ぐほどの強い影響力は持ちません。

たとえば、同じくらい関連性が高く高品質なページが複数あった場合の、”tie-breaker”(タイブレーカー)として、同点決勝の勝者を決めるような場面で影響してきます。

甲乙つけがたいコンテンツだとしたら、ページの読み込みや反応が速いほうがいいに決まっているし、広告が突然差し込まれて記事がスクリーン外に隠れてしまうのはうざく感じますよね。

もっともランキングに与える影響力が小さいからと言っても無視していいわけではありません。
検索ユーザーの体験を向上させることは大切です。
だからこそ、Google はコア ウェブ バイタルをランキング要因として採用しました。

AMP がトップニュースの条件でなくなる

モバイル検索のトップニュース枠に掲載させるには AMP 対応が条件でした。
コア ウェブ バイタルがランキング要因になるのと同時に、この条件が撤廃されます。

コア ウェブ バイタルの状態が良好でかつGoogle ニュースのコンテンツ ポリシーを満たしていれば、AMP ではないページもトップニュースに掲載されます。

そうは言っても、AMP は本質的にコア ウェブ バイタルに最適化できています
価値がなくなったと考えたとしたら、それはいささか短絡的でしょう。

優れたUXのページを検索結果で識別可能に

ここまでは、事前にアナウンスしていた内容です。
新たな発表もありました。

ページエクスペンリエンスのすべての要素が基準を満たしているページには、それを示すサインが付きます。
ラベルになるのかアイコンになるのか、どのような形式で示すのかは不明です。

どんな形になるにせよ、検索ユーザーが識別できるようにします。

まもなくテストを始め、結果が良ければ 2021 年 5 月のコア ウェブ バイタルのランキング要因化と同時に導入する予定です。

数か月後にはもっと詳しい情報を提供するとのことです。

コア ウェブ バイタルを改善する

コア ウェブ バイタル改善は、簡単に取り組める施策がないわけではないものの、全般的に言って難しいです。
いくつもツールやドキュメントを Google は提供していますが、本当に使いこなすにはスキルが高いデベロッパーの力が必要です。

それでもできそうな改善策を説明したオンラインセミナーをミエルカユーザー向けに開催しました。
動画の公開はできませんが、スライドは見せられます。
トークでの説明がないのでわかりづらいところもあるでしょうが、参考にしてください。