今回のMatt Cutts(マット・カッツ)氏のQ&Aショートビデオは、「サイトがペナルティを受けたのに、どうしてGoogleウェブマスターツールで通知を受け取れないのか」という質問に対する回答です。

Googleは、大多数に通知を送ってはいるものの、ペナルティを与えたすべてのサイト、あらゆる種類のペナルティに対して、通知を送っているわけではないとのことです。

隠しテキストを発見した時やハッキングを受けたサイトについてはメッセージを送っています。

一方で、ブラックハットSEOやスパマーには情報を与えたくありません。
それに、こうした不正な行為を働くサイト管理者は、ペナルティの原因が分かっているだろうし、また別のサイトで不正を繰り返すかもしれません。

マジメなウェブマスターには情報提供しますが、不正なウェブマスターにはペナルティの原因を伝えることはしない方針だそうです。

すべてのペナルティサイトに対して通知を出すことはできず、ましてや検索順位に上げるために、正当とは言えないSEOを認識しつつも行っているウェブマスターに、ペナルティの原因を教えないというのは納得いきます。

しかし、本当に身に覚えがないのにペナルティを受けてしまい、途方にくれるウェブマスターも少なからず存在するはずです。

先日は再審査のリクエストのコツに関するビデオが公開されました。
再審査をリクエストしても、何の反応も得られない場合があります。

不正行為に気付かない自分が悪いと言われればそれまでですが、どうにも対処のしようがないのは本当に困ります。

もっとも、全員ではないにせよ、警告を通知してくれることは親切なサポートですから、わがままは言うべきではないのでしょうか。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleウェブマスターツールにペナルティ通知が来ないのはなぜ?

▲ページの一番上に戻る