日進月歩のGoogleウェブマスターツールに、また新しい機能が加わりました。

「404 Not Found(見つかりませんでした)」のエラーを返すページのリンク元を、調べることができます。

Google Webmaster Tools ウェブクロールエラー

「診断」⇒「ウェブクロール」⇒「見つかりませんでした」で、上のキャプチャのように404エラーを吐くURL一覧を表示できます。

「リンク元」のカラムにある○ページのリンクをクリックすると、存在しないページへリンクを張っているウェブページのURLが分かります。

グーグル ウェブマスターツールで調べた404エラーのリンク元

存在しないページへのリンクがどこから張られているのかが分かるというのは、とても便利な機能です。

というのは、存在しないページにサーチエンジンをクローリングさせるのはロボットにとっても、ウェブサーバーのとっても好ましいことではありません。

それよりも何よりも、ユーザーを存在しないページに導くのは、非常に失礼だし、せっかくのアクセスを失うことにもつながります。

存在しないページへのリンク元を知ることによって、404エラーをなくす(限りなく少なくする)ことが可能になります。

リンク元が自分が管理するサイト内にあるなら、対処は容易ですね。
すぐに直しましょう。

他人が管理するサイトから存在しないページにリンクが張られていた場合、そのサイトの管理者にコンタクトが取れるようなら、「そのページは存在しないので、こちらのページにリンクを張り替えてください」と、修正依頼を出してみましょう。

リンクをたどってくるユーザーのアクセスを受け付けることができるし、バックリンクの増強にも結びつきます。

残念ながらリンク元のサイト管理者とコンタクトが取れなかったり、修正要望に応じてもらえない場合は、関連性が高いページあるならそちらに301リダイレクトするのがいいでしょう。

そうでない場合は、ユーザーフレンドリーな404エラーページを準備しておきたいものです。

301リダイレクトと404エラーページの関連エントリも、合わせてご覧ください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 404エラーは誰のせい?~ Googleウェブマスターツールで徹底調査

▲ページの一番上に戻る