ネットショップを経営していて、ある商品が品切れや生産中止などの理由で、もう販売するのをやめた、でもその商品のページは、検索結果で上位ランキングを保持している。

古いけれども強いページ、何とかしてうまく再利用できないものでしょうか。

こんなディスカッションが、Search Engine Watchフォーラムで交わされました。

Search Engine JournalでAnn Smarty(アン・スマーティ)が、簡潔にまとめてくれているので、それを解説します。

●方法1:関連した商品のページへ301リダイレクト転送する。
商品の後継版が出たときに適しています。
ユーザーにとっても親切です。
ただし、とても近い商品があるときだけにしか使えないし、大規模なサイトで動的にページを生成する場合は管理が面倒かもしれません。

●方法2:元のページはそのままにして関連する商品を紹介する
検索に強いページはそのまま残しておいて、目立つ場所にその商品の代わりとなるような商品を紹介します。
訪問者に誤解を与えないように、古い商品の説明や購入ボタンは削除しておきます。
別の新しい商品ページへ移動するために、もう1回クリックしなければならないので、コンバージョン率(購入率)が下がるかもしれません。

●方法3:古いコンテンツを消して新しいコンテンツを載せる
元のページのURLはそのままにして、コンテンツだけを新しく置き換えます。
こちらも方法1と同様、ほぼ同じ種類の商品があるときに適しています。
URLが不自然になるときがあります。
「/product-2006」とURLに含まれているのに2008年最新版を売るときなど。
※コンテンツを変えると、順位が下がることも想定したほうがいい気がします。

ネットショップも経営していないし、物やサービスを売っているわけじゃないから自分には役立たないと思うかもしれませんが、情報が古くなっているページの有効利用にも使えそうですね。

たとえば、この海外SEOブログのこのページは、あるキーワードで安定したアクセスがあります。

でも、コンテンツはかなり古く、もはやたいして役に立っていないでしょう。(笑)
せっかく訪れた訪問者にもっと役立つように、リサイクル活用したほうがよさそうですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 古いけど強いページのリサイクル方法

Comments

  1. By on

    いつも楽しみに拝見しています。

    私はネットショップをしている身なので非常に参考になりました。
    必ず古いけど強いページってありますよね。

    方法1を使っていこうかと考えています。
    参考になりました。ありがとうございました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ネットショップを経営している方には役立ちますね。
    古い資産をうまく活用してください。

▲ページの一番上に戻る