ページがすでに存在しなくなった場合、内容の近いページがあれば301リダイレクトし、そうでなければ404エラーページを返すのが適切だと書いたことがあります。

404エラーが発生した時は、何もいじらなければブラウザに準備されている既定のエラーページが表示されます。

インターネットエクスプローラの404エラー表示

ウェブマスターとしては、カスタマイズしたオリジナルの404エラーページを作成して、目的のページにアクセスできなかったユーザーに親切に対応したいものです。

Googleウェブマスターツールに、カスタム404ページの作成に役立つ「拡張された404 ページ (404 ウィジット)」というツールが追加されました。
Google Webmaster Central Blogで公式アナウンスされています。

404 ウィジットを利用すると、単純にエラーメッセージを返すのではなく、有効なヘルプを自動的に提示することができます。

具体的にはエラーページに、以下が表示されます。

  1. サイトの検索ボックスと検索の候補
  2. 間違ったURLに対するURLの候補

利用するには、カスタム404エラーページに指定されたコードを貼り付けます。

404ウィジェットのコード

WordPressを使っているなら非常に簡単で、テーマの404テンプレート(404.php)にコードを挿入するだけです。

www.suzukikenichi.com/blog/guest-bokにアクセスすると(bookの「o」が1つ足りない)、こうなります。

カスタムエラーページ サンプル

スペルミスと思われる部分を修正したURLへのリンク、トップページへのリンク、そして検索ボックスが表示されます。

なかなかよい感じです。

デザイン心があるなら、404ウィジェットの見た目を変更することもできます。
詳細はこちらから。

Googleウェブマスターツールは、ますます便利になっていきますね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleウェブマスターツールにカスタム404ウィジェットが追加

▲ページの一番上に戻る