Google AdWordsで、広告掲載順位の違いを考慮して品質を評価するシステムが更新されることを伝えました。

その後、Insiede AdWords日本版公式ブログでもシステム更新予定のアナウンスがあり、今日、更新が完了したと発表されました。

この海外SEOブログでは、米Inside AdWordsの記事を元に変更点を解説しましたが、日Inside AdWordsの説明も読んでおいてください。
広告品質評価システム更新のお知らせ

掲載順位によるCTRの違いは、以前から品質スコアの評価に加味されていましたが、今回の変更によりより新しいデータが利用されることになりました。

「quality(質)」が、これまで以上に入札価格よりも評価の大きな対象になるようです。

実際にどんな影響が出てくるかは、しばらく様子を見ないと分かりませんね。


掲載順位を考慮した品質スコア評価について、ちょっと面白い情報を得ました。

これまで、どうやって掲載順位を考慮に入れていたかという話です。

ごく限られたユーザーに対しては、掲載順位を調整して(本来よりも上位に表示して)、CTRがどうなるかテストしていたのです。
「もしこの掲載順位だったら」というのを実際に試していたということです。
しかも、テストで掲載されたときのクリックは課金されませんでした。

僕たちの広告は、知らないところで上に掲載されていたのかもしれませんね。
しかも、タダで。(笑)

今回のシステム変更では、このようなテストは廃止され、統計データが利用されるようになりました。

一部のユーザーに対して、表示順を変化させて実験データを取得するというのは、ペイドサーチ(AdWords)だけでなく、通常のオーガニックサーチでも行っているんでしょうね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdWords › AdWords広告品質評価システム更新完了

▲ページの一番上に戻る