Inside AdWords Blogのアナウンスによると、GoogleはAdWordsの品質スコア(QS:Quality Score)の算出基準に2つ改良を加えるとのことです。

品質スコアに影響を与える要因として、表示回数に対してどのくらいの割合で広告がクリックされたかの数値、CTRが加味されます。

しかし、広告が上位に表示されると、それだけでCTRが高くなる傾向にあります。
広告の関連性やランディングページの質とは関係ないわけです。
上に出てくれば、より目立つからですね。

今回の更新の1つでは、掲載順位によるCTRの違いを考慮に入れて、広告をより平等に取り扱うようになります。

1位に掲載されている広告は高いCTRを獲得し、それよりも低いポジションに掲載される広告はCTRが低いかもしれません。
しかし、このCTRの違いは品質スコアを決定づける要因にはなりません。

したがって、広告が上位掲載されているからといって、品質スコアの上昇には繋がりません。

この仕組みは、すでに以前から導入されているらしく、まったくの新規採用ということではないようです。
さらなる改良のためのアップデートだとのことです。

もう1つ変更点があります。

通常AdWordsの広告は、検索結果画面の右側に表示されます。
しかし、一定の基準を満たす高いクオリティの広告は、検索結果上部の薄い黄色のエリアに掲載されます。
検索者とってより目立つ場所でクリック率も高くなる場所です。

これまでは、1位に表示される広告が条件を満たしていない場合は、たとえ2位の広告が条件を満たしていたとしても、上部のエリアに表示されることはありませんでした。

しかし、今後は2位であっても条件を満たしていれば、1位の広告を飛び越して、上部エリアに掲載されるようになります。

今回アナウンスがあった改良は、近いうちに導入される予定です。
正式に導入されたら、またアナウンスするとのことです。
重要な変更なので、日本のIndside AdWordsでも発表があるでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdWords › Google、AdWordsの品質スコアをより平等に評価

▲ページの一番上に戻る