今日は、ロングテールキーワードでの順位を上げようとして失敗したSEOを紹介します。

WebmasterWorldのメンバーの1人は、あるロングテールキーワードでGoogle上位表示を達成してる個別ページを持っていました。

さらに最適化を施す目論みで、ホームページ(トップページ)からロングテールキーワードをアンカーテキストに含め、対象の個別ページにリンクを貼りました。
また、ホームページにメインキーワードをいくつか追加しました。

その結果どうなったかというと、順位を上げたかった個別ページが検索結果から消え、代わりにホームページが検索結果に表示されるようになってしまったのです。

本人としては個別記事をよりSERPの上位に出したいし、そのほうがユーザーにとっても適切です。

何が原因で、どう対処すればいいのでしょう。

フォーラムアドミニストレータのtedster氏によれば、こういった現象はしばしば発生するようです。
アンカーテキストとして使ったキーフレーズが内部要因として働き、Googleはホームページあるいは構造的にトップに近いページを、検索結果に表示する傾向にあるからです。

考えられる対処法は2つ。

  1. ホームページからのリンクのアンカーテキストを変える。リンクジュース(PageRank)は依然として渡せる、ただアンカーテキストの効力はなくなる。
  2. 順位を上げたい個別ページにバックリンクを集めて、そのページ自体のPageRankを上げる。

個人的には、2番目を採用したいですね。
順位を上げたい個別ページに比べてホームページがあまりにも強すぎるから、キーワードを載せただけでホームページが勝ってしまうんじゃないでしょうか。

個別ページにもバックリンクを当てて増強すれば、「ホームページ+個別ページ」でインデント表示されるダブルリスティングも期待できます。

ちなみに同一サイトではなく、別のサイトでもリンク元のページが上に来てしまう現象を経験したことがあります。

自作自演で(笑)、サテライトサイトからメインサイトにバックリンクを張ったら、サテライトサイトのほうが上位に来てしまうんです。

サテライトサイトのドメイン(海外の無料ブログや中古ドメインを利用)が評価されたからだろうと、推測しています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 強すぎるホームページはロングテールの敵

Comments

  1. By on

    > 自作自演で(笑)、サテライトサイトからメインサイトにバックリンクを張ったら、
    > サテライトサイトのほうが上位に来てしまうんです。

    ニフティ・はてな・FC2 等のブックマークから被リンクをとばすと、しばしば同様の現象に見舞われます。…ドメインが強力過ぎて。

    …ちょっと悲しい気分になりますね。こういうのって。w

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ブックマークが上に来るのも経験しました。
    ブックマーク経由で、最終的に自分のサイトに来れば問題ないんですけどね。(笑)

  2. By on

    はじめまして。
    このサイトは、いつも、拝見させていただくと、必ず何か得るものがあります。
    この記事を読んで、ロングテールについて、改めて考えさせられました。
    次回の記事も楽しみにしています。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ロングテールそのものは、コンバージョン率の高いアクセスを集めるのに重要な要素ですね。

  3. By on

    >自作自演で(笑)

    こういう本来SEO情報発信者が表立って言わないことを言ってくれる
    ところが素敵です。

    >サテライトサイトからメインサイトにバックリンクを張ったら、
    > サテライトサイトのほうが上位に来てしまうんです。

    私はこういうとき、ちょっとした自己嫌悪を感じます(笑
    鈴木さんはどうですか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    本来SEO情報発信者が表立って言わないこと

    これはみんなやってますからね。(笑)

    自己嫌悪を感じます

    悔しさの方が大きいですね。
    「なんで~?」って。

▲ページの一番上に戻る