期限切れドメイン

過去にペナルティを受けたスパムサイトをリセットするボタンはGoogleには存在しない

過去に Google からアルゴリズム的に低評価を与えられてしまったドメイン名を、そうとは知らずに取得してしまうことがある。ドメイン名の所有者がまったく無関係の人になったからといって、その低評価をゼロにすることはできない。Google にはリセットボタンは存在しない。

過去にスパム判定されていたドメインの履歴リセットを再審査リクエストから依頼できなくなった

新規に取得したドメインが別の所有者に過去に使われており、そのサイトがスパム判定されていた場合、ドメインの履歴のリセットを再審査リクエストから依頼できた。しかし手動対策ビューアの導入に伴い、手動による対策を受けていない限りは再審査リクエストを送ることができない。過去の悪しき歴史はどうやったら抹消してもらえるのだろうか。

サイトの過去の姿を見るツール、Wayback Machineがリニューアル

ウェブページの過去の姿を見ることができるInternet ArchiveのWayBack Machineがリニューアル版をベータ公開している。WayBack Machineは期限切れドメインを使う裏技SEOでよく使われるツール。正しい使い方としては、新規にドメインを取得するときに過去に悪いサイトを運営していなかったか調査することができる。

中古ドメインをリセットする方法w

Googleウェブマスターツールの「再審査リクエスト」はもともとペナルティ解除を依頼するツール。しかし、ドメインの過去の履歴をリセットするように頼むこともできる。過去に自分とは無関係なサイト管理者が同じドメイン名でサイトを運用していたらしい時には、所有者が変わったことを伝えたほうがいい。

期限切れドメインのバックリンクをいただこう

期限切れドメインに付いたバックリンクを再利用するSEOは今でも健在なのか? ブラックハットSEOであっても実践すべきか?

ドメインの履歴がリセットされる9つの条件

期限切れのドメインを再取得したりドメインを購入したりして、ドメインの所有者が変わった場合、それまでのドメインの履歴がリセットされることがある。しかし必ずということでもない。どんな条件に当てはまるとリセットされてしまうのだろうか。

今でも強い期限切れ中古ドメイン

期限切れ中古ドメインを再利用する(不正)SEOがある。一時期ほどのブームなくなったように思えるが、それでも効果はいまだに健在のようだ。

Yahoo!特許から301リダイレクトの効果がなくなるケースを読み解く

便利な反面、不正に利用されることも多い301リダイレクト。Yahoo!が、転送元のドメイン所有者と転送先のドメインの所有者が同じかどうか、つまり正当な301リダイレクトかどうかを判断するための特許を公開した。

期限切れヤフカテサイトのもう1つの利用方法

期限切れのYahoo!カテゴリ登録サイトを発見しても、すぐには取得できないケースも多い。そんなときに役立つノウハウ。ブラックハットではない、中古ドメイン利用の利用方法。

ドメイン契約期間はランキングに関係なし、期限切れしたドメインはすぐに更新手続きを

ドメインの長期契約は、検索エンジンの良い評価を得られるのか? 1年よりも、2年、2年よりも3年の契約が有利? Googleマット・カッツが真相を語る。