WebmasterWorldで期限切れドメインを再取得してSEOに使うスレッドが発生していたので、今日はこれを紹介します。

あるメンバーは、高いPageRankや多くのバックリンクが付いている期限切れドメインを取得しては、メインサイトに301リダイレクトするかバックリンク用のサテライトサイトとして利用していました。

依然として今でも効果を発揮しているものもあるそうです。

しかし、Googleが言っているようにドメイン所有者が変更した場合はバックリンクなど過去の資産がリセットされることがあります。
見つかってしまって効果がなくなったときは、再利用をやめるんだそうです。

ものすごく良さ気な期限切れドメインをつい最近発見してしまい、悪いこととは知りつつもまたこの手法を実行してみたい誘惑にかられてしまい、どうしたものか、同じことをやっている仲間がいるかどうかをフォーラムで尋ねたのでした。

フォーラム管理者とベテランメンバーの返答をまとめるとこんな感じです。

  • 大量の301はすぐに見つかってしまうから、自分だったら301をせずに完全に新しいサイトを作ってバックリンク用にする。ドメイン所有者の情報は隠しておくべき。
  • 最後に調べたときは、期限切れドメインはランキングをリセットされていた。
  • 今年取得したばかりの期限切れドメインで、以前と関連したコンテンツを新しく作ったのは今でも好位置を保っている。
  • 数年前とは違って期限切れドメインのバックリンクはリセットされてしまい、順位アップには役立たない(期限切れドメインが上位表示できないということではなく、それまでのバックリンクはリセットされゼロからのスタートに戻ってしまうということ)。
  • バックリンクがリセットされたり評価を下げられるのを防ぐには、新しいコンテンツが作られるまでの空白時間と前のコンテンツとの類似性がポイント(例外もあり)。

矛盾した意見が見られますね。

でもこれは期限切れドメインを利用したことのあるサイト管理者なら経験しているはずです。

リセットされる確率を下げられそうな施策はありますが、完璧ということではなく期待どおりの働きをしないことも多くあります。
効果が発揮できてもあるとき突然バレてしまう場合もあります。

期限切れドメインを乱用すべきではないと思っているので詳しいことはこれ以上書きませんが、危険を承知で期限切れドメインをSEOに取り入れている方は参考にしてください。

えーっと、参考にしてもらっちゃいけないのか(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 期限切れドメインのバックリンクをいただこう

▲ページの一番上に戻る