期限切れした古いドメインを探し出して再取得し、そのドメインが蓄積してきたドメインエイジやバックリンクをいただいてしまうSEOが、数年前から登場しています(もっともこの手法を“SEO”と読んでいいものかどうかという問題はありますが)。

Googleは、ドメインの所有者が代わり以前とは明らかに無関係のサイトになった場合には、それまでの履歴をリセットすることがあると何度もコメントしています。

これは事実で、せっかく良さ気な古いドメインを拾ったのにまったくの期待外れだったということがあるし、最初は順調だったのに「ある日突然」というケースもあります。

しかし、すべてがすべてリセットされるわけでもなく、以前の所有者が得たドメインパワーを欲しいがままに利用(悪用?)できているケースもあります。

そんな一例がWebmasterWorldで報告されました。

投稿したメンバーのライバルサイトがイギリスの銀行がかつて所有していたドメイン名を1年ほど前に取得しました。
大学や信頼度の高いディレクトリ、新聞社サイト、研究機関などからのオーソリティリンクが大量に張られているサイトです。

そして、そのドメインを自分のサイトに301リダイレクトしました。
中身に乏しく薄っぺらでスパミーに見えるアフィリエイトサイトにも関わらず、数百のキーワードでの上位表示を1ヶ月で達成したそうです。

どうにも太刀打ちできないこのメンバーは、卑しいと思いつつも前所有者の銀行にドメインが不正に利用されていることを告げ口しました。

その甲斐あってか、数日後には301リダイレクトは解除されました。
ところが、ライバルサイトの順位は2ヶ月近くたっても下がっていないのです。
Googleが偽りのトラストにだまされ続けていると、投稿者は嘆いています。

期限切れドメインの上に直接サイトを構築するのではなく、301でリダイレクトするというのがさらに巧妙ですね(理由は説明しませんが)。

301解除後も順位が下がらなかった理由は、「リンクの評価が消滅するには時間がかかり、1年から数年かかることがある」という回答が2人から返されています(ペナルティを受けたときは別)。

ドメイン名の所有者が変わったというだけで、それまでの履歴をリセットしてしまうことは必ずしも適切な処置ではありません。
企業の社名変更や吸収合併など正当な事由による場合もあります。

いくつもの条件に照らし合わせて、ゼロからのスタートにするかどうかを判断するアルゴリズムが存在するのでしょうが、その目をかいくぐれば中古ドメインの不正利用はまだ健在のようですね。

とはいえ、期限切れ中古ドメイン取得を推奨するということではありません。
もっとも否定するということでもありません。
効果を持続しているケースも知っているし、いきなり吹っ飛んだケースも知っています。
やるなら自己責任で、ということです。

ただし、企業・組織・団体などの公式サイトに対してはやらない方が無難でしょうね。
ペナルティが怖いもありますが、対外的な信用の問題です。
他人が捨てた期限切れドメイン名を自社サイトにしている会社と取引したいと思いますか?
(たまたま一致してしまったときは、ウェブマスターツールの再審査リクエストからリセットを自己申告できます。)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 今でも強い期限切れ中古ドメイン

Comments

  1. By on

    個人的にも

    ・上位表示しているケース
    ・インデックスすらされないケース

    両方とも体験しています(現在も)。

    マッチして上位表示するケースの手間のかからなさが、中古ドメイン至上主義の人を作ったんでしょうね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    ・上位表示しているケース
    ・インデックスすらされないケース

    この差を生む理由がハッキリしません。
    期待していたのがダメだったり、とりあえずが予想外に頑張っていたりとか。

  2. By 高村俊隆 on

    はじめまして。
    素晴らしい情報を持ったブログですね。
    もっと早くこのようなブログに出会いたかったです。

    tacさんのおっしゃっている
    「中古ドメイン至上主義」
    とうフレーズはちょっと笑ってしまいましたが(笑)今でも
    悪徳・悪質な業者ほどそのような手法を使っているようですね。

    人間が見ればすぐにそれとわかるスパムやサクラ的行為でも、
    機械はまだまだ判断しにくいようですね。
    とはいえ、人間が及ばないところを見れるのが機械です。

    鈴木さんはいくつかの記事を見る限りyaahooよりも
    googleの方がお好きなようですね^^
    僕も同じくです。

    yahooももっとSEO的な情報を公開してほしいと思う
    今日この頃です。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    はじめまして。

    googleの方がお好きなようですね^^

    アメリカが主ソースなので、Googleがほとんどです。
    Yahoo!は、書きたくてもネタがないので書けないのが正直なところです。(笑)

▲ページの一番上に戻る