[レベル: 上級]

東京の六本木で 4 月 17 〜 18 日に開催されている AMP Conf 2019 に参加しています。
1 日目の基調講演から検索に関係する部分をピックアップします。

<amp-script> コンポーネント

[05:34]
AMP ドキュメントで、独自の JavaScript を実行可能になりました。
現状では、AMP が定義した JavaScript しか AMP では利用できません。
サイズが 150KB以内(圧縮前)などの制限はありますが、AMP JS 以外の JavaScript が使えるようになるのは大きな変革です。

詳細は公式ドキュメントを参照してください。

Next.js

[06:33]
Next.js が AMP を正式にサポートしました。
React の SSR が AMP で利用可能になります。

詳細は Next.js の公式アナウンスを参照してください。

Signed HTTP Exchange

[07:17]
Signed HTTP Exchange (SXG) を実装するとAMPキャッシュの URL を配信元のドメイン名で表示できます。
Google 検索が、SXG のサポートを正式に開始しました。
現状では Chrome 安定版が SXG に対応しています。

英語版ウェブマスター向けブログがアナウンスしています。

CloudFlare

[8:14]
SXG の実装は決して簡単ではありません。
CDN サービスの CloudFlare を利用すると、自前で構成しなくても SXG 対応できます。

詳しくは、CloudFlare の公式アナウンスを参照してください。

AMP ストーリー

Discover

[24:28]
AMP ストーリーDiscover でも表示されるようになりました。
今は米国だけですが、ほかの国にも今後数か月で展開していきます。

Search Console

[24:53]
Search Console の検索パフォーマンスに AMP ストーリーがレポートされるようになりました。
「検索の見え方」でフィルタできます。

Google ウェブマスターの Twitter 公式アカウントが先週アナウンスしていました。

Google 検索

[25:03]
検索結果でAMP ストーリーを、専用のセクションに表示する予定です。

AMP Stories in a dedicated block

AMP ストーリーだけをテーマにしたセッションもありました。
AMP ストーリーが専用枠で表示されるというのは、検索に関わる身として、1日目のなかでは個人的にいちばんインパクトがあった発表です。

AMP ストーリチームの人に疑問点を質問してきました(ランキングシグナルも!)。
別の記事で後日改めて解説します

以上です。

2 日目のセッションでも良い情報があれば、このブログと Twitter で共有します。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › #AMPConf 2019で発表された検索関連の最新AMPニュース――amp-scriptやSXG、AMPストーリーなど

▲ページの一番上に戻る