このブログを読んでいる人で、「Long Tail Keyword(ロングテール・キーワード)」という言葉を知らない人は、よもやいないと思います。

ロングテール・キーワードでのアクセスは、バカにできません。
この海外SEO情報ブログも例外ではなく、検索エンジンからのオーガニックサーチの9割以上は、1月に1桁のアクセスしかないキーワードです。

ロングテールキーワードのアクセス解析

まさしく、「塵も積もれば山となる」です。

特定のキーワードで上位表示を目指しているわけではないので(「海外SEO」は目指してます w)、ロングテール・キーワードでのアクセスは貴重です。

では、ロングテール・キーワードのSEO対策にはどのような手段があるのでしょう。

僕のお気に入りのSEOサイトのひとつ、High Rankingsで、アドミニストレータのJill Whalen女史が、読者から寄せられたロングテール・キーワードの最適化についての質問に対して回答した記事があります。
Optimizing Articles for Long-tail Keywords

彼女の回答は、

you don’t really have to optimize for them at all

“最適化のために何かする必要はまったくありません”

(爆)!

肩透かしを食らうような回答ですが、続きを読むともっともなことが書かれています。

英語の読める人は原文を読んでいただくとして、ここでは要点をまとめます。

あるロングテール・キーワードでアクセスが来ているということは、もうそれで十分と言うことですよね。
最初からアクセスを意識して記事を書かなくても、検索結果に表示されるのがロングテールです。

そして、ロングテールの特徴として、非常に数が少ないことがあります。
1週間や1カ月に1ケタ台のアクセスを増やすのに労力を費やすのは、見合っているでしょうか?

自然な形でロングテール・キーワードが数回、極端に言えば1回、含まれていれば事足ります

それよりも、他のロングテール・キーワードでアクセスが来るように心がけた方が賢明です。

ここで、ロングテール・キーワードを探すのにキーワードアドバイスツールなんていうのは使ってはいけません。
予期せぬキーワードで、アクセスが来るのもロングテールの面白いところです。

たとえば、このブログにはこんなキーワードでアクセスがありました。

「goo ブックマークボタン 設置」
「海外IT 求人」

確かに、こんなキーワードが含まれた記事を過去に書きました。
でも、記事内容とはまったく関係ありません。
訪問者さん、お役に立てなくてゴメンヨ。(笑)

話を戻して、ロングテール・キーワードでのアクセスを拾うには、とにかくコンテンツの量を増やすことです。
どうしても狙いたいと思うなら、タイトルくらいには入れてもいいでしょうが、特別意識することなく自然な形で、記事を書き続けるのが最善です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ロングテールキーワードのSEO

▲ページの一番上に戻る