あなたは所有しているドメインの契約期間を、どのくらいの長さにしてますか?

半年?、1年?、5年?

ドメインの契約期間の長さが検索結果に影響を与える、という分析もあります。

実際にどうなのでしょう?

High Ranking Forumsでこの件に関するディスカッションが発生しています。

アドミニストレータのJill女史、モデレータのRandy氏はともに、関係ないだろうと推測しています。

Jill says:
Impossible to test to know for sure, but I’d guess no.

“確実に調べるのは不可能だけど、関係ないだろうと思う。”

Randy says:
So based upon my observations I’d say the length of future registration has no positive or negative effect.

“自分の観測結果から言うと、登録期間の長さはプラスの影響もマイナスの影響もないと言えそうだ。”

ところが、Googleのパテント(特許)には、契約期間の短いドメインはスパムサイトとしてみなされやすいという記述があります。

モデレータのmcarnerin氏がコメントしています。

One paragraph mentioned that there is a possibility that a domain registered for only one year is more likely to be spammy or considered “short-term” by it’s owner than one registered for many years (indicating an intent to keep it).

“ある段落で、登録者によって1年だけしか登録されていないドメインは、長期間登録されたドメイン(所有し続けることを示唆する)よりも、スパムっぽい、つまり「短命」の可能性があると述べている。”

不正なことに使うサイトは契約を更新しないかもしれないので、最小の期間で契約することがほとんどでしょう。
スパムチックなサイトを量産するスパマーは、用を終えたサイトのドメインは1年で契約終了することが考えられます。

短い期間で契約するということは、信頼されにくいということですね。

ただし、これは特許で出願されているだけです。
実際にGoogleがアルゴリズムとして採用しているかどうかは、分かりません。

ドメインを取得したり、更新したりするときに、「来年はもう運用してないかもしれないな」とか「数年分を一度に払うのはイヤだな」という心理的抵抗があって、1年単位にする人が多いんじゃないでしょうか。

僕はそうです。(笑)

しかし、ドメインを長期間契約するということがプラスに働くことはなくても、マイナスに働くことはなさそうです。
息の長いサイトにしたいなら、思い切って最長期間契約にするほうがいいかもしれませんね。

ちなみに、アメリカにNetwork Solutions(ネットワーク ソリューションズ)という大手のドメイン取得代行業者があります。

ここのウェブサイトには、次のようなメッセージがあるそうです。

Did you know? Registering a domain name for a longer term not only saves you money, but helps to increase your search engine ranking. Consider a 5-year term!

“知ってますか? ドメイン名を長期間契約するのはお金を節約するだけではなく、サーチエンジンのランキングを上げるのにも役立つんですよ。5年契約を検討してください!”

これは、完全にセールストークです。w

【追記】
ここでの「ドメインの契約期間」というのは運用歴、いわゆるドメインエイジではなく、現在より先の残りの契約期間のことです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ドメインの長期間契約はSEOに有利?

Comments

  1. By on

    契約期間1年でスパムサイトとみなされたら、
    スパムサイトだらけですね。

    新たに1、2ヶ月の契約が出てきたら別ですが、
    今のところなんの影響もないでしょうね。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    1年だからスパムということではなくて、スパム判定の要素のひとつとかもしれないということですね。
    契約期間が1年だとスパムになるなら、僕の持ってるサイト群はこのブログも含めて、すべてスパムになってしまいます。(笑)

    今気付いたんですが、パシフィカスさんの投稿者名がnofollowリンクになってました。
    コメントスパム対策で、一定文字数以上になるとnofollowになるように設定していたためです。
    設定を変更したので、今度こそリンクジュースが送られます。w

  2. By on

    「ドメインはできるなら長期契約の方がいい」

    この都市伝説の出所はGoogleの特許出願だったんですね・・・

    またこれで一つスッキリしましたw
    ありがとうございます。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    長期契約がいいという説があるのは初めて知ったのですが、すでに出回っていたんですね。
    でも確かめる術はないし、そんな可能性があるということしか言えませんね。

  3. By on

    ドメイン取得年月日からの経過年数での、信頼度というのは知っていましたけど、これは初めて知りました。
    新しい視点ですね。ひとつ勉強になりました。ありがとうございます。

    これは、SEOに有利かどうかより、スパム判定のひとつという印象を受けました。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    スパム判定のひとつ

    「そういう可能性がある」ということですね。

  4. By on

    サブドメインでも影響されたりするんですかね?(長期契約が影響するとして)
    だとしたら大手がやっているブログサービスでブログをした方が有利になりそう。(大手サービスが長期契約しているとしたら)

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    レジストラに登録するドメインでの話のはずですから、サブドメインにも関係するでしょうね。
    ランキングに有利と断定しているわけではないので、大手のブログサービスが強いとは言えませんよ。

  5. By on

    うっ!
    この都市伝説を信じて、
    契約更新のときは最長を選択してました・・・

    2017年まで有効な未使用ドメインもあります。

    格安な業者だと10年でも1万円ぐらいなので、
    安心料と思えば安いかな?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    あはは、マイナスになることはないので良いのでは?(笑)
    でも、未使用ってのはもったいないですね。
    せめてインデックスさせておいて、ドメインエイジくらいは稼ぎたいですね。

  6. By on

    このセールストークいいですね 笑

    日本のサーバー屋さんやドメイン屋さんも
    もっとSEOで理論武装してほしいですね 笑

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    何も知らない人はだまされてしますね。(笑)
    利用者側も正しい知識を身につけることが大切です。

▲ページの一番上に戻る