[対象: 中〜上級]

ペンギンアップデート2.1

GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は、ペンギンアップデートの更新を実行することをアナウンスしました。

現地時間の先週金曜日夕方(日本時間の土曜日早朝)、Twitterでのアナウンスです。

 

影響は小さめ、データのリフレッシュだけか

一般ユーザーが変化があったと気付く、検索順位に与える影響(おおまかに言って、検索結果のだいたい1〜5位くらいが入れ替わる程度の影響)は。1%以下(未満)とのことです。

ペンギンアップデートとしては、導入以来4度目の更新、5代目になります。

「2.1」とMatt Cutts氏が言っていること、およびそれなりの変動を起こす範囲が1%以下ということから判断すると、ペンギンアップデート2.0のデータのリフレッシュだけにとどまっていると推測できます。

アルゴリズム本体には調整が入っていないか、もし入っていたとしてもかなり小さなものでしょう。

【UPDATE】
データのリフレッシュ+アルゴリズム本体の更新です。

週末にかかっての更新だったため、僕のもとには多くの情報はまだ入ってきていません。

そうはいっても、大騒ぎになるようなランキング変動が起こっていないことは確かです。
期待はずれだった2.0の導入時以下と思われます。

それでも、WebmasterWorldを見る限りでは、順位が大きく下がった・リカバリに成功したという対照的なレポートが散見されます。
今回のペンギン更新の被害・恩恵を被ったサイトは確実に存在するようです。

ペンギン・アップデート2.1の影響を管理サイトが受けたと思われる人がいたら教えてください。

【ペンギンアップデート履歴】 ※日付は現地時間

  1. ペンギンアップデート 1.0(導入)on 2012年4月24日
  2. ペンギンアップデート 1.1(1度目の更新、データのリフレッシュ) on 2012年5月25日
  3. ペンギンアップデート 1.2(2度目の更新、データのリフレッシュ)on 2012年10月5日
  4. ペンギンアップデート 2.0(3度目の更新、アルゴリズム改変)on 2013年5月22日
  5. ペンギンアップデート 2.1(4度目の更新、データのリフレッシュ?)on 2013年10月4日 ※今回

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、ペンギンアップデート2.1を展開。更新による影響は1%以下。

Comments

  1. By Digi on

    ペンギン・アップデート2.1の影響モロに受けましたよ。
    うれしいことに今回は、完全ペンギンアップデートの解除でした。
    (自動ペナルティのレベルは全てのキーワードで100位〜400位&トップページのみ表示されないタイプです)
    ペンギンアップデート 1.0からかなり長い時間がかかりましたがなんとか解除することに成功したようです。

    こちらでやった作業は10000本程度のバックリンクの調査からリンク削除、不可能なものはリンク否認ツール、手動ではありませんでしが再送信リクエストも利用してみて待つこと約1年半かかりました。その他の作業は鈴木様のブログに掲載してあることだけです。この1年半バックリンクは一本も当てていませんし今後も当てるつもりはありません。

    あまりにうれしかったのでコメントさせて頂きました。これからも有益な情報を掲載し続けて下さい。

    Digi

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    ペンギン・アップデート2.1の影響モロに受けましたよ。

    かわいそうにと一瞬感じたのですが、そうではなかったのですね。
    リカバリおめでとうございます。
    僕も嬉しいです。:)

    僕のブログが役にたったのだとしても、Digiさんがあきらめずに取り組み続けた成果です。
    マイナスをゼロにした頑張りを、今度はプラスに転じる頑張りに変えてサイトを運営してください。

  2. By chantomo on

    ペンギンの影響は絶大でした。
    UUは10分の1に減り、上位表示されていたキーワードたちはほぼ圏外へ

    行っていた施策としては、有料ディレクトリへの登録(1サイト)とzenback

    どうしようか、悩んでいます、とりあえずディレクトリは削除してzenbackも外しました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ペンギンは、不自然リンクの手動対策同様に、不正に付けたリンクが大きな問題になります。
    有料ディレクトリとzenback以外に、不正なリンクの心当たりはありませんか?
    ブログからの人工リンクや相互リンク集への登録、リンク購入など。

  3. By Nimura on

    鈴木様

    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    以前セミナーでお世話になって以降ブログ拝見させて頂いております。

    10/5以降あるキーワードの掲載が12位→51位まで下がる現象がありました。
    ペナルティ警告は来ていませんでした。
    お話にあるように社内で行いましたブログからの人工リンクや過去の相互リンクが
    関係しているように思われます。

    非常に参考になりました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    お話にあるように社内で行いましたブログからの人工リンクや過去の相互リンクが
    関係しているように思われます。

    ペンギンのようなアルゴリズムによる自動の検出と、人間の目視による手動の対処の両方で不正なリンクが暴かれます。
    どちらの場合でも、問題になるリンクを徹底的に削除しなければなりません。
    このブログの過去の記事も参考にしながら取り組んでください。
    たいへんな作業になるかもしれませんが、回復している方もたくさんいますので諦めずに頑張ってください。

    良い結果が出ると信じています。

  4. By anya on

    影響を受けました。
    自演の被リンクはゼロでコンテンツを重視して作るようにしたサイトです。
    今、少しずつテキストをかえたりしながら様子を見ています。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    自演の被リンクはゼロでコンテンツを重視して作るようにしたサイトです。

    SEO業者に依頼したり、同じ会社の他の人が何かやったりしていませんか?

    またペンギンはリンクだけでなく、キーワードの乱用や隠しテキストなどのウェブスパム全般をターゲットにしてるのでそういったこともチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る