Googleは、検索ページのデザインをガラリと変えました。

Googleの新しいホームページ

いちばん目立つのはページ上部にある黒い帯のナビゲーションバーでしょう。

検索ページの左にあるナビゲーションパネルのメニューの色も黒になりました。
メニューの見出しと現在選択されている検索タイプの文字色が赤色に近いオレンジ色でハイライトされています。

Googleの新しいナビゲーションパネル

他には、「検索」ボタンが青の虫眼鏡アイコンに変わっています。
小さなところでは、ホームページの「Google.com in English」へのリンクがフッターに下がりました。

また検索結果に表示されたウェブページのURLがページタイトルのすぐ下に移動しています。
ページタイトル下のURL表示はバケットテストが行われていました。

そして、悲しいことに(?)「ワンダーホイール」が消滅しました。
「もっとツールを見る」を展開しても見あたりません。

ツールにワンダーホイールがない

Search Engine Landによれば、「最初のステージを終えた」とのことで完全に中止ということではなく復活する可能性がなくはないようです。
※余談ですが、ツールに「ソーシャル」って以前からありましたっけ?

Googleは絶えずデザインを改良していますが、今回のデザイン変更は大きく様変わりしたので一新と表現でいいでしょう。

1年前にも大きなデザイン変更を実行していて、この時は左ナビゲーションパネルを導入しました。

今回のデザイン変更はウェブ検索だけではなく、GoogleカレンダーやGmailなど他のプロダクトでも行われています。
(Googleカレンダーはすでに変わっていて、Gmailは「テーマ」で「プレビュー(隙間なし)」か「プレビュー」を選ぶと先取りで体験可能)。

Gmailの新しいインターフェイス

公式ブログのアナウンスによれば、すべてのプロダクトで今後数ヶ月に渡ってデザイン変更が続くだろうとのことです。

P.S.
GoogleのUIが変わると必ず公式フォーラムやTwitterで不平不満が出て「元に戻せ」という感情的になっている声をよく見かけます。
今回も例外ではないようですね。
使いづらく感じても半年もすれば慣れるだろうから、保守的になって怒るよりも新しいものを素直に受け入れたほうがハッピーになれるんじゃないかなと僕は個人的に思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、検索ページのデザインを一新。黒のナビゲーションバー導入、ワンダーホイール消滅など

Comments

  1. By 小林 弘治 on

    いつも読ませていただいております、渋谷でウェブコンサルをやっております。
    ためになる情報ありがとうございます。ワンダーホイールの情報もありがとうございます。
    まさに昨日無くなったのに気づき個人的にショックでしたw
    コンテンツなども作るうえで機能的には良い機能だなと思っていたのですが。
    復活を願いたいと思います。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    はじめまして。
    ワンダーホイールを活用してたのですね。
    それほど多くはいないと思ったいたので、スキルのある方とお見受けしました。
    次バージョンとして復活するといいですね。

▲ページの一番上に戻る