3月の終わりに、Googleが検索の拡張機能をごく一部のユーザーに試験導入しました。
期間を指定して検索できたり、Wonder Wheel(ワンダーホイール)という関連キーワードをイメージ図で表す機能を提供しました。

SEMリサーチで、渡辺さんが日本語版での試験提供が始まっている模様だと伝えています。

ただ、Matt Cutts(マット・カッツ)氏は、Twitterでこの機能が登場したことをつぶやいているので、ひょっとしたら正式導入で、順にロールアウトしているかもしれません。

New search option makes it much much easier to see just recent search results (e.g. past 24 hours, past week).

僕の環境では、Firefox、Google Chromeで確認できました。
IEは確認できていません。

また確認したのは、Google.comです。
Google.co.jpは、どのブラウザでも変化はありません。
渡辺さんは、どちらのGoogleで確認したのか気になります。

Google.comでしか見れませんが、言語設定を変えると日本語で表示化可能です。

英語での表示は、”Show Options…”です。

Show Options

新機能ページのインターフェイスも英語です。

Show Options

検索結果のURLにある言語指定パラメータの”hl=en”を”hl=ja”に書き換えると、日本語で「検索ツールを表示」に変わります。

検索ツール

インターフェイスも日本語になります。
検索ツール

期間を指定して検索できます。

24時間以内の検索結果

「ワンダーホイール」で、関連キーワードを調べられます。

ワンダーホイール

この他に、「動画」「掲示板」に絞り込んだり、サムネイル画像を表示したり、ページの説明文を長くしたりできます。

あなたの環境では新機能を体験することができますか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleワンダーホイール、一般公開か?

▲ページの一番上に戻る